2017-07-24 20:52

で、「加計ありき」の何が問題なの?


結局のところ「加計ありき」は何が問題なのさ?。

加計学園は事業実施主体の一員だ。長年計画を研磨し続け、岩盤規制を突破した産学官連携チームの一員である。大きな補助事業を行う場合、加計学園のようにメンバーが決まっているのは当然のことで、決まっていない事業計画など認可されない。

普通に考えれば分かるでしょ。

自治体 「大学を誘致するので特区認定してください!」

国 「実現できそうですか?」

自治体 「予算も用地も確保しております!」

国 「それなら認定しましょう」

自治体 「ありがとうございます!」

国 「で、どこの大学が来てくれるの?」

自治体 「これから探します!」

国 「・・・これから?」

自治体 「はいこれから」

国 「・・・え?」

自治体 「え?」

何のコントだw。

通常、この様な事態は発生しない。補助事業の採択において、事業実施主体の事前決定は基本要件だ。メンバーの追加や変更はありえるが、採択されてから探すなどありえない。つまり、「加計ありき」は正常な補助事業の進め方で、批判理由にはなりえない。

こんな基本中の基本を無視して、未だに「加計ありき批判」を続ける野党や反アベメディアの無知蒙昧にはひたすら呆れる。また、「ありきではない!」と繰り返す与党側の釈明も噴飯ものだ。何故、「ありきで全然問題ない!」と説明しないのか。

ちなみに、戦略特区WGの委員らは「ありき批判」の意味を的確に捉え、あえて彼ら土俵に乗り、加計・京産大・新潟市の3案件を解説し(京産大は後付の難癖)、「批判はあたらない」と説明した(6月13日の記者会見にて)。加計学園問題を知る上で非常に重要な説明だった。

しかし、低脳反アベメディアはWGの解説を理解できず、しかし自分達が望むような内容でないことだけは敏感に感じ取り、結果ほとんどスルーした。反アベ連中が理解できないのは仕方ないとして、与党議員はこれくらい理解してしかるべきだ。

与党側のアホさ加減も腹立たしいが、非は「難癖でなし崩し的に倒閣したい魂胆」が見え見えの反アベ連中にある。陰謀論的憶測で「怪しい」と断定し、国民の不信感を煽り、すかさず世論調査して「国民は納得していない!」と批判する手法は実に卑劣だ。

7月21日、東京新聞が社説で「加計ありき」を批判していた。読んで眩暈がした。倒閣目的ありだから、合理的主張が一切無く、最初から最後まで滅茶苦茶な主張になっていた。たとえば次の部分。

 山本幸三地方創生担当相が昨年十一月十七日、日本獣医師会を訪問し、加計学園の名前を挙げて「四国で新設することになった」などと伝えていたことが、本紙が入手した同会作成の面談記録で明らかになった。事業主体の公募を始めた今年一月四日から約一カ月半も前のことである。

この部分は、「獣医師会に加計ありきを伝えていた」「ありきの証拠」として騒がれている。確かに問題はある。だが、前述のとおり「ありき」は問題でない。問題にすべきは、山本担当相が第三者である獣医師会に今治の情報を漏らしていたことだ。

次の部分にもうんざりする。

 学部新設の認可という公平・公正であるべき行政判断が、たとえ首相の意向であったとしても、それを盾に歪(ゆが)められてはならない。
 ましてや加計学園の理事長は、安倍晋三首相が「腹心の友」と呼ぶ人物である。個人的な関係が行政判断に決定的な影響を及ぼしていたとしたら、政権の存立にもかかわる重大な問題だ。

文科省は、既得権益を守りたい獣医師会と結託し、何の根拠も無い勝手な告示を発して、獣医学部新設を門前払いし続けていた。見返りに天下りポストを確保し、手土産に補助金を注入していた。これのどこが「公平・公正な行政」か。

そして、肝心要の疑惑は「及ぼしていたとしたら」という憶測でしかない。憶測の理由は、安倍総理と加計学園の理事長が「友人関係」というだけ。だから何?。これのどこが疑惑?。参考人招致や臨時国会までして何を議論して何を調べるの?。

で、結局のところ「加計ありき」は何が問題なのさ?。タラレバじゃなく、合理的に説明してみ?。まあ聞くだけ無駄か。「反アベ活動の合理性」なんて矛盾そのものだからな(嘲)。




東京:創生相「発言」 「加計ありき」が濃厚だ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017072102000148.html
" 事業主体公募の一カ月以上前に「加計学園」の獣医学部新設決定が関係者に伝えられていたとしたら、「加計ありき」は否めない。速やかに臨時国会を開き、国政調査権に基づいた究明が必要だ。
 国家戦略特区による獣医学部新設は、学校法人「加計学園」による愛媛県今治市での学部新設を前提に、諮問会議を含めて、すべての手続きが進められたように疑われても仕方がない状況だろう。
 国家戦略特区を担当する山本幸三地方創生担当相が昨年十一月十七日、日本獣医師会を訪問し、加計学園の名前を挙げて「四国で新設することになった」などと伝えていたことが、本紙が入手した同会作成の面談記録で明らかになった。事業主体の公募を始めた今年一月四日から約一カ月半も前のことである。
 獣医師会側の記録が事実なら、「加計学園ありき」で、計画が進められたことは否定しがたい。
 山本氏側は、昨年十一月の獣医師会訪問を認めながらも「獣医学部新設が決まった経緯について説明したが、四国で決めたとは言っていない。京都もあり得るという話もした。今治市の財政状況については概略を説明したが、加計学園という特定は一切していない」と否定はしている。"
" 今治市の財政状況にまで言及しながら、加計学園と特定はしていないというのは詭弁(きべん)にも聞こえるが、双方の言い分が食い違うなら獣医師会の関係者も国会に呼び、話を聞いたらどうか。
 学部新設の認可という公平・公正であるべき行政判断が、たとえ首相の意向であったとしても、それを盾に歪(ゆが)められてはならない。
 ましてや加計学園の理事長は、安倍晋三首相が「腹心の友」と呼ぶ人物である。個人的な関係が行政判断に決定的な影響を及ぼしていたとしたら、政権の存立にもかかわる重大な問題だ。
 衆院は二十四日、参院は二十五日にそれぞれ予算委員会を開き、この問題などに関する集中審議を首相も出席して行う予定だ。この機に事実の解明を一歩でも前に進めるのはもちろんだが、やはり国会閉会中では限界がある。
 野党側は憲法五三条に基づいて臨時国会の召集を求めている。事実解明には、野党が求める理事長自身の参考人招致も必要だ。
 安倍政権がこれ以上、野党側の要求を拒むのなら、事実解明に後ろ向きと批判されても仕方があるまい。速やかに臨時国会召集と理事長招致に応じるべきである。"







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

あちこち空欄だらけで具体性の欠片もないような補助金の申請しても通るはずと本気で思う人いるのかしら?
てゆか自民党政権下で空欄だらけの申請が通って税金が使われたりしたら、金額に関わらずそれはそれで多分文句言うんだろうなぁ(笑)
  1. 2017-07-25 15:49
  2. URL
  3. エクレア #-
  4. 編集

本当に何が問題なのサ

一連の質疑を見ていて分かったことは、愛媛県、今治市が必要に迫られて、非常に熱心に、加計学園をパートナーとして長年誘致努力を重ねて、やっと禍々しい既得権を守る岩盤規制を打ち破ったこと。

やっと岩盤い穴が開いた段階で、もしこれが、総理の友達ということでポットでの他の大学に認可を与えたのなら、それは問題でしょう。
加計に認可してどこに問題があるのでしょう。

一方、
石破が担当大臣の時に、獣医師会に行って、4条件を付けたからもう新しい認可はない、安心してください。と言ったとか。しかも、農林大臣時代から献金をいっぱいもらっているという。これは収賄罪だと言っている人がいる。そっちのほうがよっぽど問題でしょうに!

何でこっちは問題にならない? ガセなのか?
煽るわけではないが、是非解明して下さい。
  1. 2017-07-25 17:09
  2. URL
  3. かわた #qFCkdryo
  4. 編集

To エクレアさん

こんばんは。

多くの人は知らないのでしょうね、国の補助金の申請の仕方なんて。
特に、昼のワイドショーに毒されている主婦層なんて想像もつかない世界でしょう。

だから、世論調査の支持率がああなるのでしょうね。
  1. 2017-07-25 20:44
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To かわたさん

こんばんは。

結局のところ、「加計ありきは何も問題ない」というのが結論ですね。
これは覆しようのない事実ですが、反安倍連中はしばらく「問題あり」で追及を続けるのでしょうね。

石破といえば、世論調査で次期首相候補のトップになったらしいですよ(爆笑)。
この結果は石破の耳にも届いていると思いますが、彼がどう受け取るか。
勘違いしないといいんですけどねぇ。
  1. 2017-07-25 20:47
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

まったくもって

no-risuさん、こんばんは。

>また、「ありきではない!」と繰り返す与党側の釈明も噴飯ものだ。
>何故、「ありきで全然問題ない!」と説明しないのか。
ここがポイントのような気がしますね。
「加計ありき」自体に問題はないのだから、堂々と説明すればいいと思うんです。
問題がないことを反アベやメディアが理解(しようと)しなくても、
胸を張ってそのことを説明し続ければ、理解する人・している人は不信を持ちませんし、
話題性もなくなるのでここまで大きな騒ぎにはならないはずなんです。

それにもかかわらず、本来は問題がないはずの「加計ありき」を否定するから、次々に新しい情報が出てきては取り上げられ、
稲田問題も相まって隠ぺいだどうだと騒がれているような気がします。

一気に厳しくなってきましたね。安倍さん。
  1. 2017-07-27 01:15
  2. URL
  3. mine-y #-
  4. 編集

To mine-yさん

こんばんは。

そうなんですよね。

初動を間違えたか、単に知らないけど野党をなめて不勉強のまま強行突破して自爆したか分かりませんが、今の窮地を招いたのは与党の油断と驕りにも原因があることは間違いなく、そこはしっかり反省して次にいかしていただきたいものです。

安倍総理が厳しくなったかは、まだもう少し様子を見たいところです。
まだ余裕で巻き返せるような気もしますし、このままズルズルいく気もしますからね。

さて、どうなるやら。
  1. 2017-07-27 20:03
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する