2017-07-26 20:46

小池都ファの個人弾圧


7月20日、東京都議会は浜渦武生・元副知事(69)を東京地検に告発した。告発理由は、豊洲移転問題で開催された百条委員会において、証人喚問された浜渦氏が偽証したからとのこと。しかし、この告発は明らかに合理性を欠けている。

浜渦氏は、「2001年7月に基本合意を結んだ後は移転に関わっていない」と説明した。

別の証人は、「浜渦氏がその後も移転に関する報告を受けていた」と説明した。

たったこれだけのことで、都ファら小池派議員は浜渦氏を「嘘つき」と認定して告発した。

おかしいだろ。別の証人とやらの説明こそ間違っている可能性もあるのに、昔の話で記憶違いということもあるのに、それを調べもせず一方的に「嘘をついた」と決め付けた。そもそも、「報告を受ける」と「移転に関与している」はイコールでないはずだ。

たとえば、浜渦氏が関与しなくなった後も、都職員が副知事に気を使って、経過報告程度の情報提供していたとしても、それは不思議ではないし悪いことでもない。そして、常識的に判断して、受動的な「報告」程度のことを「関与」とは呼ばない。

関与を認定するなら「指示」や「決定」が必要だ。基本合意以降、浜渦氏の指示や決定で事業が動いていたのなら、それは「関与していた」と言える。しかし、都ファの告発理由は「別の証人と主張が食い違う」「報告を受けていたはず」というだけだ。

都議会自民党が「告発は根拠があいまいで薄弱」と反発するのも当然で、告発は個人弾圧であり小池女王への供物奉納としか思えない。石原元都知事の吊るし上げもだが、彼らの人権感覚は異常である。恐ろしい連中が東京都の代表になったもんだ。




東京:都議会、浜渦氏を告発 豊洲移転問題で偽証の疑い
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017072102000134.html
" 東京都の豊洲市場(江東区)への移転問題を巡り、都議会は二十日、調査特別委員会(百条委員会)で証人喚問した浜渦武生(はまうずたけお)元副知事(69)ら二人が虚偽の証言をしたとして、地方自治法違反(偽証)の疑いで東京地検に告発した。
 浜渦氏は石原慎太郎元知事の側近で、東京ガスとの豊洲の移転用地買収交渉を担当。三月の証人喚問では、二〇〇一年七月に基本合意を結んだ後は移転に関わっていないと説明し、土壌汚染対策の範囲などを取り決めた確認書も「知らない」と証言した。
 しかし百条委は、浜渦氏がその後も移転に関する報告を受けていたとする別の証人の証言などから偽証と認定。都議会は六月の本会議で告発の実施を賛成多数で議決した。
 ほかに告発したのは、確認書を「知らない」とした元都幹部の赤星経昭(あかぼしつねあき)氏(71)。両氏はこれまで、偽証を否定している。一方、都議会自民党は二十日「告発は根拠があいまいで薄弱」とする談話を発表した。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小池百合子
ジャンル:政治・経済

  1. 地方自治
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

こんにちは。
自分に都合の良い情報は都合よく利用する。
利用できるものは曲解してでも利用する。
差別や、人権、平和、子供は気にしていないが正当化や詭弁に利用する。
昔の日本ではこんな奴らは社会の片隅にひっそりと息をひそめていた。
こんな奴らが権力を握れば差別という詭弁で言論弾圧を平気で行い(った)、捏造や印象操作で人権侵害を行い(行いつつある)平和を語り暴力をふるう(ふるっている)
日本も隣国のことを笑っていられませんね。
  1. 2017-07-27 07:36
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

昔はここまで露骨にやらなくてもどうにかなった、世論を誘導できた、国民を騙せた、自分達の思い通りになった、ということの証左かもしれません。

それが出来なくなってきたから、どんどんやり口がエスカレートしてきたと。で、ネットの発達で監視され検証される社会にもなってきたので、情報操作により自滅するようにもなったと。

隣国のことを笑ってはいられませんが、日本はまだどうにかなる可能性がある。
黎明期ですよ。どうにかなると良いですねぇ。
  1. 2017-07-27 20:08
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する