2017-07-27 20:30

高度プロフェッショナル制度に猛反発する全国ユニオンに失笑


一部専門職で年収1075万円以上あり、かつ希望する人に限って残業代支払いなど労働時間に関する規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を含む労働基準法改正案。これについて、野党・労組・人権派メディアらは「残業代ゼロ法案」と呼び反発している。

反対している連中には、安保関連法を「戦争法案」と呼んだり、テロ等組織犯罪処罰法を「共謀罪」と呼んだりと、一々くだらないレッテル張りで挑発しなければモノを言えない人種が多い。知性や民度が著しく欠落した、非民主的で感情的な野蛮人である。

そんな反対派の中で、比較的まともで話の通じるのが「連合」だ。国内最大労組の中央組織で民進党支持組織だが、民進党が共産党と共闘するようになり隙間風が強まっている。

先日、連合は改正労基法について条件付容認の態度を示した。連合修正案が反映されれば反対止めます、というものだ。現実的対応と思うが、身内含む反対派から「誰のための労組か!」「政権に擦り寄るのか!」等とフルボッコにされ撤回した。

まあ当然そうなるだろう。なんせ、反対派は「残業代ゼロ法案」で思考停止して脊髄反射的に反対する連中だ。しかし、連合加盟組織の「全国ユニオン」が猛反発し、連合本部前で抗議集会まで開催したことには失笑してしまった。お前ら一番関係ないでしょw。

全国ユニオンは非正規の労組で、彼は「将来基準が引き下げられる可能性は高く、そうなれば残業代ゼロどころか、過労死が続発するほどこき使われる」と主張している。何と非現実的で突飛なw。

確かに、基準が緩和される可能性もゼロではないだろう。しかし、緩和されるにしても段階的になるはずだ。「年収1075万円以上ある高度専門職で制度を希望する労働者」の厳しい要件が、あと何回緩和を重ねると、キミタチの職場に到達するのか。

普通に考えて、同法改正の効果が薄給非正規ユニオンに到達するのは最後の最後だ。本当に「残業代ゼロ法案」で「過労死が続出」なら、非正規に到達する前に頓挫するだろう。いずれにしろ、キミタチにはほとんど関係の無い法改正ってことだ。

それなのに、何をそんなにムキになってムキムキ反発しているのかねw。全国ユニオンは、非正規労働者の権利と労働環境を向上させるための労組だ。他人事の労基法改正や原発再稼動に猛反対するより、もっと他にやることがあるだろう?。




AERA:“過労死続出法案”を許す 連合に遺族が激怒
https://dot.asahi.com/wa/2017072500043.html
" 労働組合はいったい誰の味方なのか。国内最大の労組の中央組織「連合」が、高年収の人を労働時間の規制から外す制度について、容認するかのような姿勢を見せたのだ。
 深夜や休日に仕事をしても割増賃金などは支払われなくなり、連合は制度を導入する労働基準法の改正案について「残業代ゼロ法案」だと批判してきた。
 ところが、神津里季生会長は7月13日に安倍晋三首相と会談。連合が求める働き過ぎ防止策が受け入れられれば、容認することを示唆した。官邸と太いパイプがあるとされる逢見直人事務局長ら、一部の執行部が主導したようだ。
 連合が求める防止策については、不十分だとの指摘がある。年104日以上の休日取得の義務づけなどだが、労働問題に詳しい今泉義竜弁護士はこう語る。
「土日さえ休めばあとは24時間働かせることができるという危険性が、まったく解消されていない。これまでも長時間労働は蔓延(まんえん)してきたが、割増賃金の残業代を支払わなければならないことが抑止力になっていた。新しい制度が実現すれば、奴隷的な働き方を強いられる恐れがある」"
" 対象者はいまのところ年収1075万円以上の専門職だが、将来基準が引き下げられる可能性は高い。「全国過労死を考える家族の会」代表の寺西笑子さんは、夫を過労自殺で失っている。この制度では過労死が続出しかねないと懸念する。
「残業代ゼロに反対の声を上げていたことを忘れたのか。なぜ方針転換したのか理解できません。命の危険がある制度を受け入れるのは裏切られた思いで、本当に怒り心頭です」
 傘下の労組からも執行部を批判するような意見が出ている。非正社員らでつくる全国ユニオンは、「修正内容以前に組織的意思決定の手続きが非民主的で極めて問題」としている。
 7月19日夜には連合本部前で、抗議集会があった。労組関係者や市民ら約100人が集まり、「私の残業、勝手に売るな!」「労働組合の看板を下ろせ」などと叫んだ。
 批判が噴出したことで、当初7月19日までに結ぶ段取りだった政府や経営者側との合意を、延期せざるを得なくなった。連合は「制度を導入すべきではないという考えは変わらない」としているが、労働者や過労死の遺族らの信頼を取り戻すのは難しそうだ。"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民
ジャンル:政治・経済

  1. プロ市民
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

労働とは

労働者や過労死の遺族が、
働いて金を得て生きる事が、強制されていると考えている限りは平行線だと思います。そんな親の子供は同じ考えに成る。
理想として、好きな仕事で好きな時働いて、とか働かないで生きるベーシックインカムとか考えている限りは論外、話したいとも思わない。
職業の貴賎は無いけれど、俳句とか文人、絵画、音楽とかやってる暇人達はその様に考えているのだろうか?
  1. 2017-07-28 07:35
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

 この手の活動家は組織を維持するために、定期的にネタを作って反対運動をすることが必要だと聞きました。

 こういうの見ると当にその通りですね。

 自分達の存在感を示し組織を維持するための反対の為の反対なのですね。
  1. 2017-07-28 09:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To トラウマさん

こんばんは。

好きな仕事を好きな時にだけして、できれば働かずに生きていきたいです(笑)。
まあ、もちろんそんなことは無理なんですけどね。
昔のタヒチはそうだったとか。羨ましい。
  1. 2017-07-28 22:01
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

なるほど宣伝パフォーマンスですか、確かに組織にとっては意味のある活動かもしれませんね。
全国ユニオンはそれなりの組織になってきてますけど、まだまだ大きく育ちそうですし。
  1. 2017-07-28 22:07
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

お久しぶりです

想像したら吹き出しました笑っ

いや、お前ら全然関係ない話だろって笑っ

ホワイトカラーエグゼンプションの時は900万円がボーダーの話だったので、少し気になっていましたが、管理職になれば全く関係ない話。

残業代が時給4000円だった頃が幸せでした。
  1. 2017-07-29 10:12
  2. URL
  3. 福岡人 #-
  4. 編集

>AERA:“過労死続出法案”を許す 連合に遺族が激怒

遺族の特権ですか?
ゴリ押し、我儘特権が声高になってくると、お隣の国のセオル号事件のようですね。
遺族だからと言って主張が重用されると言うのはやはり変ですよ。選挙権も2人分3人分になるのでしょうかね。
自分の育て方が間違っていたかも、と一分も考えないのだろうか?(こう言ったらバッシングを受けるだろうね、ハフポストだったら即削除)

>遺族が激怒。
この様な表現で、マスコミが祭り上げているんでしょうね。彼らはすけさんかくさんの気持ちなんでしょうね。
  1. 2017-07-30 07:01
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

To 福岡人さん

こんばんは、遅くなってすいません。

私の会社も管理職にでもならなければ年収条件をクリアできないので楽勝ですよ。
喜べないような気もしますが(笑)。

非正規の処遇改善は重要だと思いますが、これは違いますよねぇ。

  1. 2017-07-31 21:01
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To トラウマさん

こんばんは。

遺族の方々を悪く言うのは気が引けますが、同様の事例って多いんですよね。
東日本大震災の大川小学校の訴訟とか。

私は遺族になったことが無いのですが、こういう風になっちゃうのかな、って悲しくなる思いはあります。
ですが、それ以上に、本件みたく遺族を利用している連中は許せませんね。
  1. 2017-07-31 21:04
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する