2017-08-07 20:24

煙草密告都市、東京


ケース1

PLLL...♪

警察官:「はい東京小池警察署です」

市民:「助けて!、今すぐ家に来てください!」

警察官:「落ち着いて、どうされましたか?」

市民:「夫が、夫がぁ~!」

警察官:「だんなさんがどうされましたか?」

市民:「た、た、タバコを吸っているんですぅ!」

警察官:「タバコですか?」

市民:「家の中で吸っているんです!」

警察官:「あぁ、ひょっとして小さなお子さんがいらっしゃる?」

市民:「そうなんです!、受動喫煙が、受動喫煙ガァ~!!」

警察官:「(やれやれ・・・)落ち着いてください、最寄の警官を向かわせます」


ケース2

PLLL...♪

警察官:「はい東京小池警察署です」

市民:「大変だ!、今すぐマンションに来てください!」

警察官:「落ち着いて、どうされましたか?」

市民:「隣の部屋の換気扇から煙が出てる!」

警察官:「火事ですか?、至急消防車を手配します」

市民:「違うんです!、た、た、タバコを吸っているんですぅ!」

警察官:「タバコですか?」

市民:「家の中で吸っているんです!」

警察官:「あぁ、ひょっとして小さなお子さんがいらっしゃる?」

市民:「そうなんです!、受動喫煙が、受動喫煙ガァ~!!」

警察官:「(またか・・・)落ち着いてください、最寄の警官を向かわせます」


馬鹿馬鹿しい光景だが、こんな通報も日常的茶飯事になるかもしれない。

東京都の小池ファーストの会が、子供がいる自宅や自家用車内での喫煙を条例で禁止するそうだ。小池Fは議会過半数勢力なので、条例案が出されれば通過は確実とされる。最初は努力規定とするが、ゆくゆくは罰則を盛り込みたいという。

頭の悪い条例だと思う。

まず、「人様の家庭に入り込んでくる権利」を行政に付与する時点で違和感を覚える。DVの延長線上と考えれば理解できなくもないが、そこまでするべきなのか甚だ疑問だし、条例が厳格運用されたら社会は困惑し、またギスギスするようになるだろう。

実際の運用を考察すると、条例違反の露見は内部(家族)からの通報か、隣人からの通報がメインになる。条例があろうと、都職員らが市民の家を抜き打ち検査する、なんてことは考えられない。市民が都窓口か100当番に通報するところから始まる。

家族と隣人を考えたとき、圧倒的に隣人からの密告じみた通報が多くなるだろう。だってそうでしょ?。常識的に考えて、タバコで身内を懲らしめるために通報するか?。罰金がある場合、支払う金は結局は自分の家の金だから大損だ。

通報すれば、その後の家族関係も悪化するだろうし、はっきり言ってデメリットしかない。そもそも、子供がいるならば、親は喫煙に気を使うものだ。ベランダで吸うとか、換気扇の下で吸うとか、子供には煙を吸わせないようにするだろう。

したがって、家族による内部通報はほとんど発生しないと推察される。で、問題は隣人による通報だ。こちらはガンガン通報されるだろう。

禁煙条例の本質は、「タバコの煙(臭い)を不快に思う非喫煙者が喫煙者を排除する」という点にある。子供の健康など建前にすぎない。臭いものは臭い、嫌なものは排除したい、健康に悪いならそれを排除の理由にすれば良い、それだけの話だ。

だから、タバコ嫌いの隣人は容赦なく通報するだろう。換気扇の下で吸っていても、隣人には「家の中で吸っている」としか分からない。そして、家の中で吸っていることさえ分かれば、条例違反で通報する条件が満たされる。喜んで通報するだろう。

ベランダで吸った場合、煙は隣接する他人の部屋に流れ込む。これがいかに不愉快か。過去にこのブログでも体験談を書いた。で、隣接する世帯に子供がいたらどうなるか。その親は怒り狂い、直ちに通報するに決まっている。no-risuならそうする。

はたして、こんな密告社会が住み良い東京なのだろうか。個人的には、この条例ができたとしても困らない。自己中なDQN喫煙者は締め上げたれ!とも思う。しかしなぁ。行政の独裁的過干渉は息苦しくて、どうにも受け入れ難い。

東京都民はどう受け止めているのか。まあ、おそらくは圧倒的に賛成派が多いのだろうけど。




朝日:「子どもいる家は禁煙」条例 都民ファ、9月提出へ
http://www.asahi.com/articles/ASK8366XPK83UTIL04J.html
" 小池百合子・東京都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」は3日、子どもの受動喫煙を防ぐための条例案を9月開会の都議会に提出する方針を明らかにした。子どもがいる自宅や自家用車の中、通学路などでの禁煙について、罰則規定を設けず、努力義務を課す案を検討中だという。
 同会は7月の都議選の公約で受動喫煙対策を掲げ、飲食店などの屋内を原則禁煙とすることや、子どもがいる自宅や自家用車内での喫煙制限を条例で定めるとした。このうち、まず子どもに関する部分を条例案として出す方向で、内容を詰めているという。
 一方、屋内禁煙は条例で罰則を定めて規制したい考えだが、同会の増子博樹幹事長は3日、報道陣に「関係当局との協議が必要で時間がかかる」とし、条例案の準備が9月開会の都議会には間に合わないとの見通しを示した。
 都議会では、同会や公明党など小池氏の支持勢力が過半数を占めており、条例案が提出されれば、可決される可能性が高い。"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小池百合子
ジャンル:政治・経済

  1. 地方自治
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

こんにちは。
パヨクは騒がないのでしょうか、いつもの権力の横暴ガーって。
安倍政権がしたら朝日共々確実に騒ぐでしょうけどね。
  1. 2017-08-08 08:17
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

 ワタシもタバコは吸わない人間なので、タバコの煙は大変不快なのですが、しかし他人の嗜好品をここまで追い込む発想は狂っているとしか思えません。

 隣家から漂う他人のタバコの煙程度の迷惑行為は、都市生活なら普通に受容するしかない事でしょう?

 それを言ったら隣家の車の排気ガスだって不快だし、隣家の庭園の農薬散布だって不快だし、隣家の犬の声や隣家の子供の声だって煩いのです。

 それを何でタバコだけここまで目の敵ぬするのか?

 そして個人の家庭生活にまで入り込むののか?

 これって都民ファシストでしょう?
  1. 2017-08-08 10:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

ですよね、共謀罪よりよほど市民に身近な「監視社会」ですから。
これを問題視しないのは完全なダブスタですよ。
  1. 2017-08-08 20:43
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

都民ファシストです。
小池の一存で決めた肝入り政策で、都ファ議員らがどう思っているのかも明かされないまま、このまま成立しようとしています。異様ですよ。都ファはいつまでこんな調子でやっていくんでしょうね。

>何でタバコだけここまで目の敵にするのか?

禁煙学会は利権、議員は票、マスゴミは品格(笑)、ってところでしょう。
少なくとも、「国民の健康のため」なんてのは建前でしょうね。
  1. 2017-08-08 20:47
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する