2017-08-21 21:02

「先の大戦の教訓と反省」って何さ?


8月15日、民進党の蓮舫代表(仮)が、終戦の日にあたり談話を発表した。

曰く、「民進党は、先の大戦の教訓と反省に基づき、憲法の平和主義の下で武力行使に抑制的な国、立憲主義を尊重し自由と民主主義が保障される国を作り上げていくことを誓います、キリッ!」、だってよw。

笑わせるなと言いたい。

民進党は、民主党が先の大戦(選挙)で何度惨敗しても反省せず、総括と称した自画自賛でお茶を濁し、教訓を得ず成長もできず、マイナスイメージ払拭のため名前を変え、政権バッシングによる戦意高揚にあけくれ、どうにかこうにかドロ舟を維持してきた。

それも限界を迎えた。政党支持率は一桁台が定位置となり、内閣支持率が暴落した時でさえ民進党支持率は下がった。長島や細野など、民進党内では比較的まともな有力政治家にも逃げられた。都議選では、戦う前から造反議員が続出し壊滅した。

何が「先の大戦の教訓と反省に基づき」か。民進党が言ったところで説得力は皆無だw。まあ、no-risuも鬼ではない。民進党にも言論の自由はある。最大野党として無言ではいられない立場も理解できる。だから寛容の心で許してやろう。

でも、一つだけ確認したいことがある。

「先の大戦の教訓と反省」って何さ?。

それ自体はよく聞く言葉だ。原爆死没者慰霊碑にも、「過ちは二度と繰り返しませんから」と反省の言葉が刻まれている。しかし、大戦で得られた「教訓」とはどのようなものか。誰が何について「反省」するのか。はっきりと、具体的に明示してもらいたい。

説明者は民進党でなくても構わない。「過ちは二度と繰り返しませんから」と聞いてウットリする連中、戦争法だの共謀罪だのと喚く連中で、誰か一人でもキッチリ明快に説明できるのか。できないだろう。今までに見たことも聞いたことも無い。

おそらく、彼らはこう言うだろう。

「教訓=戦争はイケナイ」ということ、「反省=戦争したことに対して」ということだと。だが、「戦争反対」は万人に共通する思いであり、わざわざ改めて強調する内容ではあるまい。で、「戦争したこと」とは、誰に対して、何に対して言っているのか不明だ。

分かっている、お前らはこう言いたいのだろう?。戦争とは「日本がアジア諸国に仕掛けた侵略戦争」、戦争の動機・原因は「日本の帝国主義」、反省すべきは「日本・日本国民」だと。全部日本が悪いと。民進党も蓮舫も、その様に考えているのだろう?。

で、日本が戦争に追い込まれた世界情勢や、戦争とは一国だけで行うものではないことなどを説明しようものなら、「お前は教訓を学んでないのか!」、「反省して謝罪しろ!」、「この軍国主義者のネトウヨめ!」と猛反発するのだろう?。

分かってる分かってるw。分かってるから、同じ言葉でも良いから、国民に対してもう一度ちゃんと説明してみろ。ネットの普及と安倍政権のおかげで遺物化しつつある自虐史観について、現代の国民に投げかけ問うてみる度胸がお前らにあるか?。

蓮舫でも枝野でも前原でも、マスゴミでもパヨク有識者でも誰でも構わん。言えるものなら言ってみろよ。内容がどうであれ蛮勇であれ、その度胸は褒めてやるからさ。




ブロゴス:【代表談話】72回目の終戦の日にあたって(8月15日)
http://blogos.com/article/240448/
"民進党代表 蓮舫
 本日、72回目の終戦の日を迎えました。先の戦争で犠牲となられた内外すべての人々に思いを致し、国民の皆さまとともに衷心より哀悼の誠を捧げます。
 先の大戦では、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対し、多大の損害と苦しみを与えました。二度と同じ過ちをおかしてはならないとの思いを新たにし、後世へと伝えていくことをお誓いします。
 戦後の日本は、憲法の平和主義のもと、焦土と化した国の復興に全力を傾注し、自由で平和で豊かな民主主義国家をつくり上げました。同時に、経済協力、人道支援、PKOなど諸外国の繁栄・発展、国際社会の平和と安定につながる日本独自の貢献を行ってきました。戦後日本が歩んできた道は正しいものであり、誇れるものであったと確信します。
 戦後72年、日本は今、時代の大きな岐路に立たされています。戦後、日本人が育てあげ、守り続けてきた「立憲主義」と「平和主義」が脅かされようとしています。安倍政権は、憲法解釈の変更による歯止めのない集団的自衛権の行使を容認し、今また、立憲主義、平和主義を無視した憲法の改悪に向けて突き進もうとしています。
 民進党は、先の大戦の教訓と反省に基づき、憲法の平和主義の下で武力行使に抑制的な国、立憲主義を尊重し自由と民主主義が保障される国を作り上げていくことを誓います。世界に対しても、新しい平和秩序づくりに傍観者たることなく貢献して行きます。北朝鮮の核・ミサイル開発をはじめ、世界平和を脅かす動きに対しては国際社会と連携・協調して厳正に対処していくとともに、アジア諸国との和解を進めていけるよう全力を尽くしていく決意をここに表明します。
以上
民進党広報局 "





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:民進党
ジャンル:政治・経済

  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

教訓

先の大戦は壊滅するまで戦ったことが最大の失敗です。
戦争は勝てればベストですが、負けるのならさっさと負ける。
日本は負ける体験が少なかったため、先の大戦ではできなかった。
これを大事な教訓とすべきです。
  1. 2017-08-22 07:55
  2. URL
  3. 大盛 #-
  4. 編集

>PKOなど

 PKOに派遣に大反対したのは民主党じゃないですか?

 派遣以前から戦闘行為が頻発して、派遣が決まると今度は、現行の自衛隊法では対応が危険な南スーダンに送り込んだけれど。

>とりわけアジア諸国の人々に対し、多大の損害と苦しみを与えました。

 一番苦しんだのはイギリスで次がオランダでその次がフランスでは?

 アジア諸国の人々は全然苦しまなかったでしょう?

 日本はこれらの国々と戦争をしたのであって、アジアの国々とは戦争していないのですら。

 このアジアへの加害って90年代ごろから慰安婦強制連行捏造などと一緒に出てきた話しで、それまで出ていないんですよね。
  1. 2017-08-22 10:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

よく言うよ!蓮舫!

>「先の大戦では、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対し、多大の損害と苦しみを与えました。二度と同じ過ちをおかしてはならないとの思いを新たにし、後世へと伝えていくことをお誓いします。」

これは、腹立つよね。よくぞここまで言われ切ったのか。子供の頃から言わされていて違和感なく育って国民の信仰になってしまった。
まー韓国の精神病とは違うけど、病気としては同じか?
信念をもった大人はここまで言われてさぞかし気狂いするほど悔しかったろう、黙って心に抱えて死んでいった多くの祖先の無念は察して余りある。
この多くの無念はマスコミの伝えない権利によって黙殺されていたのだろう。陰鬱なお盆にはそんな無念が日本中に漂っているのが良く見える。
  1. 2017-08-22 14:16
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

To 大盛さん

こんばんは。

それもひとつの教訓でしょうね。

ですが、サヨク連中には納得しかねる教訓でもあるでしょうね。
こういう意見の相違について、もっと正面から議論すべきなんですよね。
  1. 2017-08-22 21:13
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

>アジア諸国の人々は全然苦しまなかったでしょう?

ここ大事ですね。
パヨクは決して認めない事実。

一番苦しまなかったというか、恩恵受けまくった韓国が、慰安婦問題含め、一番の被害者面して日本を批判している事実。

先の大戦とは何だったのか、ここを誤魔化すといつまでたっても本質に迫れない。
そして、それがパヨク連中の限界でもありますね。
  1. 2017-08-22 21:17
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To トラウマさん

こんばんは。

まあ、この談話は蓮舫が考えたのではなく、事務方が作ったのでしょう。ですが、OKして実際に述べた蓮舫の責任は大きいですけどね。何が言いたいかというと、マジに相手する談話ではない、と。

民進党らは万事こんな感じです。
本気でキレたら負け。
一歩引いて、冷めた目で見て、落ち着いて小馬鹿にするくらいが適当ですよ。
  1. 2017-08-22 21:21
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する