FC2ブログ

2017-11-27 20:16

安倍憎しで知能がやせ細る毎日新聞


11月27日、毎日新聞は社説「危機の社会保障 『働けど貧しい』 支える側がやせ細っていく」を掲載し、社会保障の先行きについて危機を訴えた。「支える側がやせ細る」と聞けば、誰だって「少子高齢化」のことだと思うが、毎日新聞の主張は全く異なる。

どうも、毎日新聞は少子高齢化ではなく、アベノミクスによる非正規増加と格差拡大が「支える側がやせ細る」の意味であり、これを招いたアベノミクスが失敗だと言いたいらしいのだ。何言ってんだ?、このアホは(笑)。

主張の根拠について、社説には以下のとおり書かれている。

毎日:危機の社会保障 「働けど貧しい」 支える側がやせ細っていく、より抜粋
http://mainichi.jp/articles/20171127/ddm/005/070/033000c
 そして、雇用形態による格差がある。正社員は約487万円で非正規社員は約172万円と、立場の違いが315万円の差を生んでいる。正規・非正規の分類が始まった12年以降、格差は年々広がっている。
 厚生労働省の調査によると、働く人の数はこの間、5161万人から5391万人に増えた。だが、企業はもっぱら低コストの雇用拡大に力を入れ、非正規が1816万人から2023万人に増加している。

低クオリティペーパーゆえ非常に分かり辛いが、整理すれば次の様になるか。

対象期間 : 2012年~2016年
雇用者数 : 5162万人→5391万人(229万人増加)
非正規数 : 1816万人→2023万人(207万人増加)
正規数 : 正規はたった22万人増wwテラワロスwww
年収 : 正規487万円 非正規172万円(305万円差)


なお、数字は厚労省の外部向け資料から引用されているが、説明用PPグラフの数字で、厚労省の他の統計資料や、厚労省が利用する元データ、総務省統計局の数字とはかなり違う。厚労省が都合良く「加工」や「再計算」したと推察され、実に胡散臭い。

総務省統計局の数字だと、2012年度末が「正規:非正規=3263万人:1891万人」で、2017年9月(最新)は「正規:非正規=3483万人:2028万人」だ。つまり、正規が220万人増、非正規が137万人増、となっている。

正規の方がより増加しており、この傾向は調査期末を2016年度にしても変わらない。しかし、これを厚生労働省が再計算すると逆転してしまう。非正規支援や貧困支援を業務とする厚労省にとって都合が良いからではないか、と邪推したくなる。

年平均だとそうなるのもしれないが(なるか?)、多忙なのでそこまでは調べない。まあ、こういう場合はたいていno-risuよりお役所が正しい。間違ってたら許してや。

参考1:毎日が使った厚労省の資料(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000120286.pdf)
参考2:厚労省の他の統計データ(http://www.mhlw.go.jp/toukei/youran/indexyr_b.html)
参考3:総務省統計局データ(http://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/03roudou.htm)


でだ。毎日が根拠に示した厚労省のデータが正しいとして、どこを見れば「支える側がやせ細っていく」ことが分かるのか。雇用者数は増えました=やせ細っていない、正規も非正規も増えました=やせ細っていない、逆に肥え太っているじゃないの?(笑)。

正規と非正規の給与差から「格差拡大=相対的貧困世帯増加」を主張しているが、これもおかしな話だ。まず、正規・非正規ともに雇用者数が増えているのなら、所得ゼロの人々が減少しているわけで、正規487万円・非正規172万円・無職0円で考えるべきだろう。

実際、貧困率は低下傾向にある。毎日新聞様も太鼓判を押す厚労省の調査によると、アベノミクス以降(2012年以降)の相対的貧困率及び子供の貧困率は改善傾向にある。どちらも、改善局面に移ったのは12年ぶりの朗報であり快挙と言える。

しかも、調査結果は2015年の数字(発表は17年で最新)だから、現在はさらに改善が進んでいるはずだ。雇用状況も貧困状況も改善している中で、毎日は何を根拠に「支える側がやせ細っていく」と主張しているのか。何が「社会保障の危機」に繋がるのか。

つくづくアホだな。アベ批判ありきで社説を「つくる」からこうなるのだ。「支える側がやせ細り社会保障が危ない」と言いたければ、現状なら少子高齢化以外に理由は無い。毎度のことながら、反アベメディアの低脳かつ卑劣な報道には反吐が出る。

やせ細っているのは、社会保障を支える国民では無く、変態毎日新聞の知能知性であろう。もっとも、最初からガリガリだった様な気もするが(嘲)。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

こんにちは。
そっか~、こんな考えだから雇止め、リストラ等で非正規従業員を減らした民主党時代を民主党政権時代は良かったと元民主党の人々は主張するわけだ。
所得格差を減らすのは所得の低い層を計算外に追いやることが対策になるのか、フムフム。
な、わきゃねーだろ。
まずは正規であろうが非正規であろうが働く場を増やすのが真っ当な社会福祉だ。
そのうえで同一労働同一賃金を目指し、働く意欲があっても働けない人々を助けるのが筋ってものです。
毎日新聞や似非リベラルの面々の対応は所得再配分やバラマキしか思いつかず、それこそ支える側、支えられる側双方が疲弊し、やせ細ってしまいます。
  1. 2017-11-28 08:11
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

>そして、年172万円あれば、将来の生活設計を描けるかという現実問題が立ちはだかる。

 非正規の大多数は学生アルバイトや主婦のパートなので、多くがフルタイムではなく、当然賃金は非常に安いです。

 また総労働人口の中にこうした人々を加えると、当然労働者全体の平均賃金も下がります。

 マスゴミは実は10年前から、非正規雇用者の増加を「格差が~!!」と問題にしていました。

 しかし正規雇用者の減少があった時も、生産年齢人口の減少より少ないのです。

 生産年齢人口が減少中であるのに、正規雇用者の大量増加はあり得ず、そこで主婦や高齢者などの非正規雇用が増えて行ったと解釈するほかないのです。
 
  1. 2017-11-28 10:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

本当に噴飯ものですよ。

社会保障の危機は、毎日とか関係なく純然たる事実です。やばいです。
アベノミクスは、その果実により社会保障の危機を先延ばししています。

でも、先延ばしであって根本的解決ではなく、しかし解決方法を誰も提示できない苦境の中で、先延ばしに成功している政策すら批判するその薄汚れた精神、本当に軽蔑しますよ。
  1. 2017-11-28 20:38
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

母集団の中から、自分の主張に都合の良い誰かを選び出して、事実なんて二の次で、それを全体の代表課のように演出し、自説の正当性を偽装する。マスゴミの常套手段ですね。
 
  1. 2017-11-28 20:41
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

こんばんは。
何かものすごい勢いで北朝鮮人が日本海側に漂着しているんですが…。武装難民だったらどうするのか…日馬富士より他に報じることあるでしょう。
  1. 2017-11-29 20:23
  2. URL
  3. アポロ #-
  4. 編集

To アポロさん

こんばんは。

漂着してますね。
そこまで心配はしていませんけど、報道の少なさに逆に不安になる部分はあります。

何故、もっと報じないのか。
よく分かりませんねぇ。
  1. 2017-11-30 20:55
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する