FC2ブログ

2017-12-18 20:32

阿蘇山の火砕流が四国を襲うだと?(嘲)


「阿蘇山で巨大噴火が起きたら、火砕流が伊方原発敷地に到達する可能性が十分小さいと評価することはできないから、よって原発の立地は不適であり、原発を立地することは認められない」

12月13日、広島高裁は冒頭の理由で伊方原発の運転差し止めを命じた。何たる非論理的な発想だろうか。裁判官らの知的水準や人間性を疑わざるを得ない。

阿蘇山の火砕流が到達するということは、火砕流は竹田市・由布市・大分市・別府市などを次々飲み込み、大分県を壊滅させ、別府湾と水深90メートルの豊後水道を埋め、130キロ先の佐田岬半島に到達し、さらに海抜10m以上を駆け上がる、という意味だ。

で、これが起きる可能性は「十分小さいとは言えない」と。つまり「可能性は十分ありえる」と。もうね、アホかとバカかと。それが事実なら、原発停止の他にもっと言うことがあるだろう?。

原発停止を求めていた原告のプロ市民共は狂喜乱舞していたが、広島高裁は「九州(特に大分県)は阿蘇山の噴火で壊滅する可能性が大いにある、だから原発の運転は停止させます」と言っているわけで、だったら原発停止だけで喜んでいる場合か?。

破局噴火のリスクが、判決どおり伊方原発を直ちに停止させねばならないほどのリスクならば、まずは全ての大分県民を直ちに移住させねばなるまい。当然、そんな危険な地域への旅行は全面的に禁止だ。湯布院や別府温泉には即時閉鎖が求められる。

大分県だけの話ではない。

9万年前に発生した阿蘇の破局噴火では、その火砕流が山口県まで到達したとされる。つまり、熊本はもちろん九州全域が壊滅するということだ。広島高裁は、「九州は人の生存には不適であり、居住は認められない」と断じるべきではないか。

東京新聞社説は、「何と明快な論法であろうか」と判決を賞賛していた。毎日新聞社説は、「政府や電力会社は、判決を重く受け止め『原発の』火山対策をせよ」と勝ち誇っていた。頭のネジがとんでいるとしか思えない。何故、被害想定が原発限定なのか。

(※ちなみに、朝日新聞の社説は「破局的噴火が起これば、日本列島の広範囲に壊滅的な被害が及ぶ。原発だけ論議してどれほど意味があるかという見方もあろう」と一言入れていた。やるじゃない。さすがクオリティ・ペーパー。)

まあ、分かりきったことだ。反原発派という人種は、それ以外のことはどうでも良いのだ。原発さえ止められれば他はアウト・オブ眼中。視野・思考が極端に狭く、物事に対して広く見たり考えたりすることができない。求める情報しか脳が認識しない。

破局噴火の発生および火砕流が原発に到達することは盲信できても、その過程で人々が死に町が滅びることは想像できない。破局噴火が発生しても、その時原発さえなければ、人々はいつも通り平穏無事に暮らしていると漠然と信じ、それを疑わない。

例によって、広島高裁は「可能性が十分小さいとはいえない」とする具体的な根拠、どういう理由でどれほどのリスクが存在するのかを示していない。説明責任はリスクが「ある」とした高裁側にあるのに、四国電力に「ない」ことの証明を求めている。

もはや、アホとかバカとかのレベルで評価できるのか悩む。マジキチやサイコパスの類いで考察し評価すべき人種ではなかろうか。そして、こういう危険な人種が、高等裁判所にまで紛れ込んでいたことは、心の底から残念でならない。




東京:伊方差し止め 火山国の怖さを説いた
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017121402000141.html
" 阿蘇山の巨大噴火が起きたら、火砕流が到達する可能性が否定できない-。広島高裁は四国電力の伊方原発の運転差し止めを命じた。自然の脅威を甘く見る風潮こそ、3・11は戒めていたが。
 「火山ガイド」と呼ばれる原子力規制委員会が策定した安全性審査の内規がある。例えば、原発から半径百六十キロ以内に位置し、将来、活動の可能性がある火山については、その活動が小さいかどうか調査する。
 小さいと判断できないときは、噴火規模を推定する。推定できない場合は、過去最大の噴火規模を想定し、設計対応不可能な火砕流が原発に到達する可能性が小さいかどうかを評価する。
 その可能性が小さいと評価できない場合は原発の立地は不適となり、原発を立地することは認められない-。以上がガイドだ。当たり前のことが書いてある。
 火山である阿蘇山(熊本)から、伊方原発(愛媛)までの距離は約百三十キロであり、同ガイドの範囲内である。だから過去最大の噴火を想定し、火砕流が原発まで達する可能性も評価せねばならない。広島高裁はいう。"
" <火砕流が伊方原発敷地に到達する可能性が十分小さいと評価することはできないから、原発の立地は不適であり、原発を立地することは認められない>
 最大級の噴火でない場合も点検している。その場合でも大量の火山灰が降り積もることになり、やはり原発を動かすことも、そもそも立地も不可となる。何と明快な論法であろうか。
 だが、同じ火山ガイドをテーブルに置いて、同じ問題意識を持ちながら、正反対の結論になってしまった裁判所がある。昨年四月の福岡高裁宮崎支部である。
 九州電力・川内原発(鹿児島県)の運転差し止めの求めを退けた。巨大噴火の時期や規模はだれも予測することはできない。だが火山ガイドに従って論理展開せず、同支部は原発政策を「社会通念」で認めてしまった。
 火山国であるゆえに、今回の決定は広がりを持つ。火砕流を伴う噴火は九州、東北、北海道でありうる。火山灰であれば、全国どの原発でもありうる。
 福島第一原発の事故後、初めてとなる高裁レベルの原発運転差し止めの司法判断だ。理詰めの決定ではあるが、思い知らされるのは、われわれが世界有数の地震国、火山国に住んでいるということだ。"






関連記事
スポンサーサイト
  1. 反原発
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

こんばんは。
九州壊滅の噴火ですからね、九州の人達1300万人を直ぐに避難させないといけません。一刻も早く全ての経済活動を止め避難の準備を開始させねば。(笑)
彼らパヨクは、発電所が壊れて近隣住民が放射線を浴びる姿は想像できても、発電所が壊れる前に1000万人以上の人々が火砕流で焼け死ぬ光景は想像できないようです。
左翼メディアが嬉々として報じる様には呆れて言葉も出ません。
何年もかけて審査を行い、膨大な科学的知見と膨大な資料、そこまでするかというほどの安全対策を講じ、やっとこさ合格し再稼働にこぎつけた。その過程にどれほどの人間が苦労し議論を積み重ねてきたと思っているのか。(この適合性審査も相当はちゃめちゃな自然事象を仮定してやってますが)
それをほんの少しの期間で、しかもど素人が本来動く筈の発電所を動かすことを禁じ、一民間企業に毎月数十億円の損失を与え、四国経済に打撃を与える。この現状に嫌気がさします。
原子力発電所に対する司法のあり方について、真剣に考えないとマズイです。
まぁ、パヨクメディアらがそれを必死で阻止してきますが。
  1. 2017-12-18 21:58
  2. URL
  3. アポロ #-
  4. 編集

こんにちは。
東日本大震災の時にも預言者がいっぱいましたね。
したり顔で俺はこの津波を予測していた俺の言う通り原発を止めない政府が悪いと非難してましたが津波を予言していたのなら原発だけに警鐘を鳴らし、沿岸地区にすむ住人を放っておいたのは不作為の殺人です。
東電に対する津波対策は甘かったのしれませんが結果論で地震は予測されていた、津波てんでんこガーといかにも津波は予測できたかのように報道するマスコミや放射脳な人たちは沿海地区の自治体に対する非難をなぜしなかったのでしょう。
少なくとも原発で人は死んでいませんが津波で行方不明や死者が1万9千人もいるのですから本当に津波が予測できたと信じている人たちは自治体の不作為を非難し、裁判を起こすべきです。
勿論私はしませんが。
  1. 2017-12-19 09:31
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

「津波で伊方原発が破壊された場合に愛媛県民を受け入れる訓練」ですら困惑しているのに
「阿蘇山が噴火するから愛媛が危険」とはもう意味がわからない、住むなと?
裁判官が科学的判断をするのは分野が違うと思う、領域を越えている
手続きに問題ないかを判断するにとどめるべきだ
仮処分が「仮だから」となんでもかんでも命令できるのも問題だと思う
  1. 2017-12-19 10:50
  2. URL
  3. 大分県民 #-
  4. 編集

To アポロさん

こんばんは。

エントリには書きませんでしたが、反原発派にはもう一つの本音があります。
それは、「破局噴火なんて知らねーよ、起きねーよ」という本音です。

ではなぜ火山のリスクを主張するかと言えば、そう言えば原発を止められるかもしれないからです。
つまり、リスクとか実現性とかそんなことは関係なく、単に原発阻止のために利用しただけ、ってことですね。

もっとも、反原発メディアはそういうことを決して伝えないので、エントリにも書きませんでしたけど。
あえて向こうの土俵に乗り、堂々と斬るのは気分がいいものですから(笑)。

  1. 2017-12-19 20:07
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

最近、間もなく発生するであろう大地震に関する予想をしばしば耳にします。

30年以内に北海道の太平洋側で起こるとか、来年1月あたりに静岡県の伊豆で巨大地震が起こるとか。
これらは反原発とは関係ないですけど、地震予想なんて無数にあるんですよね。

で、どれかが結果的に当たれば「だから言ったのに」って話になる。
話になるというか、主義主張に利用したいものが悪用してくる。

くだらないですねぇ。
本当に津波が予測できたと信じている人たちには、次の災害を予測して警鐘を鳴らせと言いたいですね。
  1. 2017-12-19 20:13
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 大分県民さん

こんばんは。

プロ市民らは仮処分を乱用していますね。
しかし、本来は乱用できるようなものではないです。

仮処分が覆った場合、仮処分で被った被害(費用とか)を賠償する責任が発生しますからね。
ですが、国や連力会社らは被害弁済を求めない。

求めたところで連中に支払い能力がないし、メディアらが猛反発するのは目に見えているからだと推察しますが、そのせいでプロ市民をつけあがらせ、仮処分の乱用を招いています。

筋を通せず道理が引っ込むの典型ですねぇ。
  1. 2017-12-19 20:19
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

仮処分の印紙代はわずか2000円なので,やりたい放題なんですよね。

ご存知のとおり,連中の手口は,地震だろうが火山だろうがミサイルだろうがあらゆる口実(難癖)をつけてあちこちの裁判所で起こして「当たり」の裁判官を狙うというもので,原告は別人でも弁護士は全部一緒。訴権の濫用としかいいようがない。

本来は司法判断の前に,行政たる規制委員会が毅然として安全性を説明すべきなのに,それを放棄。そもそも,規制委員会が「過去に一度でも火砕流が来た可能性があればダメ」などという思考停止のガイドをつくるからこうなるわけで,活断層といい,規制委員会の無能独善ぶりには困ったものです。
  1. 2017-12-19 21:09
  2. URL
  3. ecchu #-
  4. 編集

To ecchuさん

こんばんは。

そうですね、同種裁判を一斉にかつ継続的に起こすのは彼らの常套手段です。
そういう弁護士の飯のタネでもありますね。
訴権の濫用としかいいようがないわけですが、弁護士会もマスゴミも味方しているから問題にすらならない。歪んでますよ。

規制員会は、なにしろ反原発の民主党が作ったものですから、真っ当に機能するわけがないのです。
かといって、一から作り変えるのは困難です。

まさしく負の遺産、ですねぇ。
  1. 2017-12-20 19:50
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する