2017-12-25 20:39

K尊師はバカ弁の典型


12月19日、現代ビジネスにおいて、現役弁護士(匿名)がネットの炎上被害について自身の経験を激白した。「善良な市民である自分がネット民の暴力で人生をメチャクチャにされました」という内容だが、本当におバカな弁護士である。まさしく「バカ弁」の典型だ。

匿名になっているが、記事はKを特定する情報が満載だ。ちなみに、no-risuは調べるまでもなく誰のことだかすぐに分かった。自称「ネットに強い弁護士」の唐澤貴洋だ。事務所名とポエミー語録から、ネットでは恒心教の尊師として崇められ(馬鹿にされ)ている。
※12月26日修正:「匿名」ではありませんでした、大変失礼しました。

ネット炎上事件の経緯はこうだ。

2011年頃、2chに「八神」という嫌われ者がいた。虚言癖があり、嘘に嘘を重ねて自分を飾ったり、他人への誹謗中傷を繰り返していた。アラシだ。具体的な発言は胸くそ悪いので説明しないが、東日本大震災の被災者にも酷い言葉を吐いていた。

みな苦々しく思っていたが、匿名掲示板で八神をどうこうすることは出来なかった。しかし、そんな八神が「大学に合格した」と報告したことで風向きが変わる。「どうせウソだろw?」という挑発に乗り、八神は合格証の写真をネットにアップした。

合格証の画像から、八神が合格した大学はすぐに特定されてしまう。手がかりに士気を上げたネラーは、八神の膨大な書き込みを検証し、本名、mixiのアカウント、高校、中学、自宅、家族構成及び名前と、八神が何者なのか丸裸にしていった。

八神も最初は強気だった。「特定できるものならやってみろ(嘲)」と挑発し続け、相変わらず罵詈雑言を書き込んでいた。やがて「どうやらこれが本名らしい」となっても、「そうだよ、オレ様は八神だよwww」と開き直り、アラシ行為を続けた。

しかし、表面上は強がっていたものの、八神も「これはヤバい」と感じていた。そこで、八神は「ネット問題に強い!」を看板にする恒心綜合法律事務所の弁護士に相談するのだが、その弁護士こそバカ弁の「唐澤貴洋」だった。

唐沢は、積年の恨みを晴らし喜ぶ2chに登場し、「これ以上、八神に対する名誉毀損を続けるのなら、書き込みからIP情報を特定し開示するぞ!」とネラーを脅した。突然現れた「ネットに強い」法律家を前に、萎縮し静まりかえる2chネラー。しかし、すぐに気がつく。

「あれ?、IP開示されたところで実害なくね?」
「労力かかりすぎて訴訟にまでならんだろ」
「負けてもせいぜい罰金数万円だな」

再び勢いづく2chネラー。そしてさらに気がつく。

「IPで脅すとか、本当に『ネットに強い』弁護士なのか?」

「恐るるに足らず」と理解した2chネラーは、クソ野郎の八神を守護する唐沢を敵として認定、唐沢情報を収集し始めた。で、杜撰でボッタな仕事ぶりの数々や、ポエムちっくな発言の数々が発覚して炎上、恒心教が勃興し尊師に祭り上げられてしまった。

焦った唐沢は、数百の書き込みに関するIP開示を2chに要求した。が、ほとんど無視された。IP開示を求めた基準が意味不明で、真っ当な指摘やガキの挑発、はては唐沢を擁護する書き込みにまで「書いた人間を教えろ!」とやっていたからだ。

2chのシステム上、唐沢の要求内容はガラス張りだ。ネットに強い先生はご存じなかった様だが、ネラーは当然知っていた。で、中身がバレてさらに炎上した。いつの間にか八神を放置して、自己保身にばかり熱心な仕事ぶりも火に油を注いだ。

これが事件のあらましだ。2chで最も有名な弁護士だろう。

さて、この唐沢尊師が「善良な市民である自分がネット民の炎上暴力で人生をメチャクチャにされました」という告白を書いた話だ。それも「匿名」で。ちなみに、今回の告白は第1弾にすぎず、告白第2弾では相手の素性も晒し上げるという。

要するに、自分は顔も名前も隠して善良な被害者ですと騙り、炎上相手を一方的に批判するだけでなく、素性までも晒して徹底的に報復したいわけだ。メディアを使って私刑とは、さすが「ネットに強い」弁護士様のやることは一味違う。

バカだな(嘲)。匿名にしたところで、「2ch 弁護士 炎上」あたりで検索されればすぐにバレる。ついでに、2chや仕事でやらかした恥ずかしい失敗の数々も知られるだろう。炎上による被害の事実があったとしても、唐沢に同情する人間は居ないと思う。

同情するどころか、ほとんどの人は嘲笑するのではないか。また、この告白記事は、唐沢問題を娯楽とするネット民への燃料となる。そんなことも分からず、姑息な「告白」にはしる人間性だから「バカ弁」なのだ。




ヒュンダイビジネス:炎上弁護士が実名告白「私に殺害予告が来るまで」 男はオフィスに突然やってきた
http://news.livedoor.com/article/detail/14047918/
"自宅を特定された日
 2016年1月4日、38回目の誕生日を迎えたその日、自宅のポストに1通のレターパックが入っていた。嫌な予感がした。当時(今も)私は、とある理由で炎上していたのだ。
 ネットで誹謗中傷を繰り返す人々(以下では、「ネット加害者」と呼ぶ)から、日々追われていた。「ついに、自宅を特定されたのか」目の前が真っ暗になった。
 これまでも、実家の住所が晒されたり、街を歩いているところを盗撮されたりなどのプライバシー侵害やいやがらせを受けてきた。ついには、住むところさえも危険に晒されるようになったのかと絶望的な気持ちになった。
 不安に駆られながら、インターネットで自分の名前を検索した。すると、私が住んでいるマンション名を誰かが掲示板に書き込んでいる。
 しかし、部屋番号まではわからなかったようだ。たしかに、レターパックには部屋番号が書かれていない。おそらくいつも配達にくる郵便局員の人が、気を利かせて私のポストに入れてくれたのだろう。
 レターパックは、配達記録が残るため、配達されたことが投函者にはわかる。そうなると私の住所に確信を持った不審者が、マンションにやってくるかもしれない。心臓の鼓動が早くなる。
 「周りの人に迷惑だ。もうここにはいられない。今すぐ家を出よう」トランクに荷物を詰め、逃げるようにマンションを後にした。
 部屋番号まではバレていないものの、いつマンションに不審者がやってくるかわからない。すぐに郵便局へ移転届を出し、ポストにガムテープを貼った。
 ひとまず、新居に引っ越すまではホテルに滞在することにした。その日は、眠ることができなかった。人生が走馬灯のごとく思い返された。
 なぜ私の住所がバレたのか。インターネット上に分散している投稿を分析していくと、私が卒業した大学のOB名簿が情報源のようだ。大学には、その旨のクレームを入れたが、広報部署からの報告はなかった。
 以前、私に対する殺害予告が同大学のIPアドレスからなされたこともあった。大学のWi-Fiから書き込んだのだろうか。このことも、同大学の広報部署に連絡をしたが、いまだに返事はない。
私が炎上したワケ
 なぜ炎上したのか。私はもともと、弁護士としてインターネット上で誹謗中傷を受けている方の弁護を担当し、誹謗中傷記事の削除等を行ってきた。
 2012年3月に「2ちゃんねる」に違法性のある書き込みの削除請求をしたところ、当時の掲示板の仕組みにより、私の名前が知られるところとなった。それをきっかけに私の行動がネット加害者に知られ、今度は私自身が誹謗中傷されるようになったのだ。
 ネット加害者に知られた瞬間は今でも覚えている。まず、掲示板上で私の事務所のホームページやTwitterアカウントが探し当てられ、揶揄されだした。
 当時、私の事務所は誹謗中傷・名誉毀損問題をメインの分野として仕事をしていたので、名誉毀損と関わりがある政治家、芸能人、著名人などをTwitterでフォローしていた。
 そこで私がアイドルをフォローしていたことが問題視されていた。あいつはアイドルオタクだ、と。
 アイドルオタクだと何がいけないのだろうか。ちなみに、私自身はアイドルについては詳しくない。私の趣味は映画鑑賞と本を読むことで、アイドルは専門外の話だった。にもかかわらず、ネット加害者は私が「ドルオタ」であるとのレッテルを貼り付けることで、ある種の高揚感を味わっているようだった。
 私は、インターネット上でついた小さな火が炎となり、燃え上がりだしているのを見て、大変な恐怖を感じた。
 これまで、炎上した弁護士はいない。弁護士というのは対外的な信用で仕事をする。炎上するということは、その信用が外形的に失われていくことを意味する。
 私がターゲットにされたのは、当時一人で弱小事務所を運営していたことも関係があろう。立場の弱い人は、どんなに叩いても大丈夫なのだという考えが、ネット加害者にあったのだと思う。
 その後、誹謗中傷は悪質を極め、私が犯罪者であるとか、詐欺師だとか、ありとあらゆる罵詈雑言がインターネット上でなされた。
 同期の弁護士の中では、早くに独立していた私には、どうやったらお客様から仕事をいただけるのかを考えるのが最大の課題であった。そこで私が考えたのは、インターネットからの集客であった。しかし、炎上した結果、私の名前や事務所名で検索すると誹謗中傷が大量に表示されるようになり仕事が成り立たなくなった。・・・・・"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. プロ市民
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017-12-25 23:57
  2. #
  3. 編集

私は、一連の出来事をリアルタイムでは知らなかったんですが、後から、かなり詳しく知りました。唐澤貴洋弁護士についての動画が、たくさん作られていますから。

ニコニコ大百科にも、詳しく載ってますね。

唐澤貴洋とは (カラサワタカヒロとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%94%90%E6%BE%A4%E8%B2%B4%E6%B4%8B

唐澤貴洋の渾名一覧とは (カラサワタカヒロノアダナイチランとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%94%90%E6%BE%A4%E8%B2%B4%E6%B4%8B%E3%81%AE%E6%B8%BE%E5%90%8D%E4%B8%80%E8%A6%A7
  1. 2017-12-25 23:58
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

To e…さん

こんばんは。

ご指摘感謝です。
本文に修正を入れました。

  1. 2017-12-26 19:26
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To かんぱちさん

こんばんは。

記事中に名前が出ていないだけで、現代ビジネスのサイト上ではちゃんと実名が分かる様になっていました。
私の確認不足です、大変失礼しました!。
  1. 2017-12-26 19:29
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する