2018-01-05 20:38

2018年は「1億総貧困化・元年」だってさ(笑)


新年明けましておめでとうございます。

こんなブログを書いておきながら言えることではありませんが、政治や社会問題に関心を持ち、テレビや新聞やネットで積極的に関連情報を確認する習慣は、精神的に甚だ不健康と言わざるを得ません。特に昨年は酷かった。主にモリカケ騒動のせいで。

反アベパヨク連中の愚劣な人間性に反吐を吐かされる日々、当の本人らは偏向捏造冤罪おかまいなしのお祭り乱痴気騒ぎ、見せつけられる我々常人にはたまったものではありません。いやはや、とんでもなく精神が荒みましたねぇ。

皆様におかれましては、政治・社会問題に関する情報になるべく触れず、ストレスの少ない日常を取り戻していただけるよう祈念いたします。こんなブログも読まない方が良いですよ、マジで(笑)。

さて、今回は来年度から実施される生活保護費削減(生活扶助費5%以内削減)の話。正月ボケのリハビリもかねて、一発目はライトな話題から入ります。

12月28日、保護費削減に抗議するため、弁護士がナマポ連中を引き連れ厚生労働省に乗り込んだそうだ。自称ジャーナリストの田中龍作がブロゴスに報告していた。お屠蘇気分漂う仕事納め前日に業務妨害か、いちいちうざったらしい連中である。

で、彼らがどの程度困窮しているかについて、龍作の報告では次のように書かれていた。

「白米に醤油をかけて食べる」
「入浴回数が月1回になってしまっている」
「真冬に灯油が買えず(風邪をひき)肺炎になった」
「これまで節約をし続けて、これから生活費のどこを削ったらいいのか?」

まあ、いつもの悲鳴(笑)と同じだ。満足にメシが食えない、風呂にも入れない、灯油が買えない、これ以上の節約は不可能、と。お前ら他に言うこと無いの?。

2012年にも、政府は生活保護費の削減を決定していた。2013年から3年かけ、段階的に最大10%を削減した。反対する人々は、今回と同じ悲鳴を上げていた。「朝起きたら枕に雪が積もっていた、凍死するから灯油代上げろ!」なんて悲鳴もあった。

彼らの言い分をまるっと信じた場合、10%削減が実施されれば、栄養不良から健康を害する保護者が続出し、餓死や凍死する事例も続発しただろう。しかも、脱原発により電気料金も爆上げ真っ只中で、保護者の生活破綻は確定と推察するしかない。

しかし、最大10%の削減が実施され、電気代が増加しても、彼らの主張する悲惨な状況にはならなかった。つまり、主張はウソで削減を受け入れるだけの金銭的余裕があったわけだ。被害者ぶって、困窮度合いを盛って、国民を欺こうとしていたわけだ。

「節約も限界、これ以上生活費の何を削ったらいいのか?」

いつもそう訴える。しかし、アドバイスしようにも、彼らは絶対に家計簿を公開しない。本当に困窮しているのなら、家計簿の公開は彼らの主張の正当性を裏付ける証拠、社会の理解を集める最大の武器となるのに、頑なに公開を拒否する。

見られると不都合な実情、隠したい理由があるとしか思えない。隠したい不都合な何かとは、保護費削減を受け入れるだけの余裕だったり、怠惰な生活や無計画な散財だったりするのだろう。本当は、アドバイスなど要らないし、されたくもないのだ。

新たな削減計画を受け、田中龍作は「2018年は『1億総貧困化・元年』となるか」と呻いていた。なるわけねーだろ(笑)。過激な煽り文句や大袈裟な貧困アピールは不要だ。人々の理解を得たければ、四の五の言わず、さっさと家計簿を公開するべし。

それしかないし、それだけでいい。




ブロゴス:生活保護引き下げ「入浴は月1回」「灯油買えず肺炎に」 厚労省「曲解です」(田中龍作:12月28日)
http://blogos.com/article/268010/
" 生活保護のうち食費や光熱費に充てられる生活扶助費が、来年4月から最大で5%引き下げられる。2015年の最大10%削減につづく引き下げである。
 「もう生きてゆけない」。当事者と法律家たちがきょう、厚労省を訪れ、削減の撤回を求める要求書を手渡した。
 森川清弁護士は厚労省社会・援護局保護課の新垣真理課長補佐に対して「厚労省の生活保護基準引き下げに驚いている。撤回して下さい。当事者の実情を見て検討して下さい」と厳しい口調で要望した。厚労省は実態調査をせず、当事者の声も聞かなかったことへの憤りだ。
 森川弁護士は大学卒業後、葛飾区の社会福祉事務所に10年あまり勤めた経験を持つ。貧困の現場を知り尽くしている弁護士だ。知り合って10年になるが、こんなに怒った表情は見たことがない。
 厚労省の新垣課長補佐は「真摯に受け止めます。引き続き適正な水準とするよう検討してまいります」と官僚答弁でかわした。
 生活保護当事者は「これまで節約をし続けて、これから生活費のどこを削ったらいいのか?」と怯え悩む。
 「白米に醤油をかけて食べる」「入浴回数が月1回になってしまっている」「真冬に灯油が買えず(風邪をひき)肺炎になった」・・・
 弁護士やケースワーカーが26日に行った電話相談に寄せられた悲痛な叫びだ。全国から273件もの相談があった。"
" 生活扶助費の引き下げは受給者だけの問題ではない。38以上もの社会制度と連動するからだ。「最低賃金」「住民税の非課税」「医療費」「就学支援」などだ。
 生活扶助費の支給額が削減されれば「最低賃金」の基準は下がり、「住民税の非課税」基準なども下がる。低所得者の生活は苦しくなるのだ。
 こうして低所得者の生活水準が下がれば、生活扶助費はまたまた切り下げられる→生活扶助費が切り下げられれば、低所得者の生活水準は下がる・・・負の連鎖が始まるのである。
 厚労省の引き下げ基準たるや、数字ありきのインチキだ。低所得者のなかでも生活保護申請に行き水際で追い返された世帯などを対象としているのである。生活保護受給者よりも所得が少なくなるカラクリがあるのだ。
 今回はこれまでの生活保護基準引き下げと、恐ろしさのスケールが違う。厚労省は国民が「健康で文化的な最低限度の生活」ができるよう保障するのが役目であるはずだ。
 森川弁護士が「大きな見直しですね?」と問うたところ、新垣課長補佐は「曲解です」と言い放った。
 2018年は「1億総貧困化・元年」となるのだろうか。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生活保護
ジャンル:政治・経済

  1. 生活保護
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

こんばんは。

>「節約も限界、これ以上生活費の何を削ったらいいのか?」

どこかの記事で、生活保護費の減額で年越しそばがカップ麺とあって、袋めんじゃないんかいと突っ込みがありました。カップ麺が食えるうちは家計簿なんぞ公開できませんですねぇ。
  1. 2018-01-05 20:47
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To kogumaさん

こんばんは。

カップのソバは緑の狸とかドンベエとかありますけど、袋入りのそばってありましたっけ?。
まあ、私はそこまで厳しく指導するつもりはないですよ(笑)。

彼らの家計簿には、もっと根本的な散財が隠されていると思うんですよね。
  1. 2018-01-05 21:36
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

こんにちは。
ウチの息子大学時代に授業料、家賃、医療費、税金抜きで4万円で生活してましたが何か?
ひょっとして知らずに虐待していたのかもしれません。
確かに一人世帯だと7万円程度で少なく見えますが
母子3人世帯例で29万円(朝日新聞より)受給し、家賃、医療費、税金、NHK受信料無料。
数々の加算、扶助、補助
妊産婦加算
障害者加算
在宅患者加算
児童養育加算
教育扶助
介護扶助
出産扶助
生業扶助
葬祭扶助
入学準備補助
が加わり、教育費(学用品含む)、入学費、葬祭費、就労支援費がもらえますから笑いが止まりません。
生活保護が話題になるたびに変な圧力が加わり貧困焼け太り状態です。
一人世帯と複数人世帯の格差是正が必要かと思います。
  1. 2018-01-06 10:04
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

>ウチの息子大学時代に授業料、家賃、医療費、税金抜きで4万円で生活してました

私の大学時代も似た様なものでした。
1週間5千円が「贅沢レベル」だったのですが、特に節約していたわけでもありませんでした。

こういう事例を出すと「貧困自慢するな」と反論する人も見かけますが、そうじゃないんですよね。
人生を普通に楽しく暮らすための実例として、是非とも参考にしてもらいたいと思います。

で、支給額の是正ですけど、それを考えるためにも家計簿の公開が求められますよねぇ。
  1. 2018-01-07 19:12
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

日本型貧困など言われても

日々のパチンコ、競艇、酒盛り、美食・・・等を考えれば生活保護は少ない!という気分は分かります。そのことで犯罪、殺人まで起こるのであれば、弁護士は「貧民」を引率せざるを得ないのでは、と思料します。

曽野綾子さんは「貧困」と聞くとアフリカ等では、と本当の貧困を持ち出して、もう分かったやめてくれと言いたくなります。
  1. 2018-01-08 08:55
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

To 相模さん

こんばんは。

すいません、言わんとされていることがよく分かりません。

皮肉でしょうか?、それとも日弁連ら人権派に(消極的だとしても)賛同するスタンスでしょうか?。
  1. 2018-01-08 21:58
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する