2018-01-18 19:49

「絶滅危惧種が大不漁、値上がり必至!」 ←ギャグで言っているのか?


ウナギの稚魚であるシラスウナギが空前の大不漁になっているそうだ。例年の同時期と比較して漁獲高は僅か1%に満たないらしく、マスコミ各社は「絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚であるシラスウナギが大不漁!」と大騒ぎしている。

中日新聞は、「品薄で今夏のウナギがさらに値上がりするのは必至で、かば焼きは食卓からますます縁遠くなる」と書いていた。他社の報道もおおむね似た様な内容で、「ウナギがますます高嶺の花になってしまいそうだ」と嘆いている。

いやいや、ちょっと待てよ(笑)。

不漁はそんなびっくりすること?。「絶滅危惧種」でしょ?。絶滅危惧種に豊漁を期待する方がどうかしてるでしょ?。しかも、国や業界は絶滅危惧種に指定されても何ら実効性ある資源保護策を実施していない。から、大不漁は必然の結果でしょ?。

笑わせるなっての。報道によれば、ウナギ関係者は「今年はたまたま出だしが悪いだけで、今後の漁獲量は増えるかもしれない」と望みを捨てていないらしい。「ウナギ大好きな庶民の皆様、今後の豊漁に期待ください♪」とでも言いたいのか。

アホかと。ウナギ関係者は、「今年も根こそぎ捕獲する」「絶滅危惧種?資源保護?そんなの関係ねー!」と言っているのだ。「鰻重が値上げされると困るぅ」といった報道は、そのデタラメなシラスウナギ漁を肯定し応援したも同然だ。

違うだろ。鰻丼の値上げとか、土用の丑の日はどうなるのかしらとか、心配するところはそこじゃない。資源の枯渇を心配するべきだろ?、絶滅危惧種なんだから。大不漁の現実を受け考えるべきことは、「漁獲規制」以外に何があるのか。

そして、規制レベルは「シラスウナギの無期限禁漁」であるべきだろう。絶滅危惧種なんだから。冗談ではなく本気で言っている。このままでは、値上げだなんだといった次元ではなく、日本の素晴らしいウナギ文化が崩壊してしまう。

失うくらいなら、資源回復までの禁漁くらい我慢して受入よ。他国や他魚種ができて、ウナギだけ出来ないなんてことはあるまい。出来ないのではない、やりたくないだけ、目先の金儲けを優先しているだけだ。言い訳は聞かない。直ちに禁漁するべし。




中日:ウナギ稚魚、極度の不漁 値上がり必至
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018011402000057.html
" 絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚シラスウナギが今期は極度の不漁で、国内外での漁獲量が前期の同じころと比べて1%程度と低迷していることが、複数の関係者の話で分かった。漁は四月ごろまで続くが、このまま推移すれば過去最低の漁獲量になりかねない。品薄で今夏のウナギがさらに値上がりするのは必至で、かば焼きは食卓からますます縁遠くなる。資源保護のため来年のワシントン条約締約国会議で国際取引の規制対象とするよう求める声も高まりそうだ。
 シラスウナギは毎年十一月ごろから翌年四月ごろを中心に、台湾や中国、日本などの海岸に回遊してくる。
 海外の状況に詳しい業者によると、最初に漁が始まる台湾の今期の漁獲量は、前年の同じ時期と比べ百分の一程度に低迷。中国でも同レベルだという。
 比較的早くシラスウナギ漁が始まる鹿児島県によると、解禁された昨年十二月十日からの十五日間の漁獲量はわずか〇・五キロ。四三・四キロの漁獲があった前期の1%ほどにとどまった。宮崎県は漁獲量を公表していないが「今期はかなり悪い」(水産政策課)状況。関係者によるとやはり前期の1%程度でしかない。
 水産庁によると、二〇一六年は十一、十二月の二カ月間で約六トンのシラスウナギが国内の養殖池に入れられたが、今期はまだゼロ。「漁の始まりとして良くないのは確かだが、これから漁が本格化する。今後の推移を見ないと何とも言えない」(栽培養殖課)としている。
 一九六〇年ごろは二百トン前後あった日本国内のシラスウナギ漁獲量はその後急減し、一三年漁期は五トン余と過去最少を記録。その後は年十五トン前後で推移している。減少は河川の環境破壊や乱獲が原因とされるが、海流や海水温によって回遊量や時期が変動することもあり、詳しいことは分かっていない。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. 食品産業
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

個人的にウナギ保護のためウナギの摂取をしていません。ぜひ、資源保護のために、ウナギを食べないように、もしくはウナギを食べる機会を少なくするようにお願いします。
シラスウナギは太平洋を泳いできますから、日本だけ禁漁にしても他国が捕獲してしまいます。ただ、結局どこで養殖しようが最終消費地は日本ですから、ウナギを食べないことで資源保護に貢献できます。結局は高級品ではなく、付加価値が少ない安いウナギの消費量が多いわけですから、すき家とかコンビニのうな丼とかを食べないようにするだけでも大きく変わります。
  1. 2018-01-18 22:38
  2. URL
  3. 大盛 #-
  4. 編集

To 大盛さん

こんばんは。

そうですね、外食チェーンや大手スーパーではウナギを買わない、というのが資源保護の基本になるだろうと思います。
おかしいんですよね、絶滅危惧種のくせに、全国どこのスーパーに行ってもかば焼きが売られている。

こういう当たり前は、さっさとぶっ潰すべきです。
  1. 2018-01-19 19:59
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する