FC2ブログ

2018-02-08 19:22

被爆国である日本政府の責務、とは

「これが世界唯一の戦争被爆国である日本政府のとるべき態度か!。米国の核軍拡に追従する姿勢からは、「核なき世界」をめざす意思の片鱗も見えない!」。誰よりも平和を愛するクオリティ・ペーパー、朝日新聞様がゲキオコだ。

アメリカが核兵器の運用等に関する自主規制を弱めたことについて、世界中の平和主義者らから「核廃絶に逆行する」と批判が出ているのに、被爆国である日本政府は「核抑止力の強化を高く評価する」と歓迎しているからだ。

野党も政府の姿勢を批判したが、「歓迎しない理由は無い」「核抑止と核軍縮は相反するものではない」と河野太郎外相に一蹴された。まあ、朝日ら平和主義者が怒る気持ちは理解できる。しかし、君らは何か大きな勘違いをしていないか?。

朝日新聞は、社説で「核の非人道性を身をもって知る国として、日本には世界の核軍縮を率先する使命がある」「いま一度、日本の責務を見つめ直せ」と書いていた。平和主義者の共通認識だろう。いや、大半の国民が同様の認識かもしれない。

でもね、そんな「使命」や「責務」は日本に無いから(笑)。

被爆国である日本政府の責務とは、「二度と核兵器を『我が国』に落とさせないこと」だ。当然だろう、日本政府は我が国の政府であって世界の政府ではない。この根本的かつ基本的な事実を、平和主義者をはじめ多くの国民が勘違いしている。

核兵器の被害を知る日本が、世界に核廃絶を発信するのは良いことだ。でも、それは良心からの自主的行動で、義務や責任によるものではない。義務や責任を感じる人もいるのだろうが、それこそ君の錯覚で、誰も君を強制していない。自分で自分を強制しているだけだ。

日本政府の核廃絶活動は、最優先で日本を守るためのものであり、そうでなくてはならない。核廃絶決議も、北朝鮮の核兵器に対する批判も、全ては国と国民を守るために行っている。世界を守るためではないし、日本一国にそんな力は無い。

平和主義者様だって、感情的に受け入れ難いだけで、感覚的には理解しているはずだ。その証拠に、北朝鮮の核兵器には敏感でも、インド・パキスタン・イスラエル等の新規保有国には興味を示さない。あれらの核は日本を狙っていないからだ。

日本は「核の傘」にいる。「核の傘」は「核抑止力という盾」だ。宗教的な9条バリアーではなく、現実の国防に効力を発揮している盾だ。この盾は、我が国に核兵器を撃ち込ませないための盾でもあり、盾の強化を日本が歓迎しない理由はあるまい。

「いま一度、日本の責務を見つめ直すべき」は、日本政府ではなく、日本政府を批判する朝日新聞ら平和主義者の皆様であろう。




朝日:(社説)核戦略と日本 これが被爆国の談話か
https://www.asahi.com/articles/DA3S13348048.html?ref=editorial_backnumber
" これが世界唯一の戦争被爆国である日本政府のとるべき態度か。米国の核軍拡に追従する姿勢からは、「核なき世界」をめざす意思の片鱗(へんりん)も見えない。
 米トランプ政権が出した核政策の指針「核戦略見直し」に対する反応である。核廃絶の理想を捨て去った、この指針について河野外相は「高く評価する」とする談話を出した。
 指針は、核を使う姿勢を強めて相手を抑止する発想に貫かれている。小型の核の開発で使いやすさを高め、核以外の攻撃にも核で応じる可能性を示した。
 河野氏は「核抑止と核軍縮は相反するものではない」というが、指針の内容は明らかに核軍縮の流れに逆行している。
 究極兵器を使うハードルを下げ、予測困難な要因で核戦争に陥ればどうなるか。4年前の外務省委託研究は、人口100万の現代都市で広島原爆級なら約27万人、水爆なら約83万人の死傷者が出ると推計している。
 核の非人道性を身をもって知る国として、日本には世界の核軍縮を率先する使命がある。なのに、対米同盟の狭い枠内でしか核問題を考えていないのが今の日本政府の姿だ。
 米国の指針は、昨年に国連で採択された核兵器禁止条約についても「全く非現実的」と冷視している。指針に寄り添う河野氏には、条約を推し進める国際世論との接点を見いだす意欲もないのだろうか。
 東アジアの安保環境の中で、日本が米国の「核の傘」の下にあるのは事実である。だが、同じく傘の下にあるドイツのガブリエル外相は米の指針に苦言を呈す。「核軍拡競争が進めば、欧州は危うくなる。だからこそ新たな軍備管理・軍縮に動かなければならない」と。
 おりしも、オバマ前政権がロシアと交わした戦略核削減の条約は今週に履行の期限を迎え、両国とも削減達成を発表した。ここから世界は核軍拡・拡散に向かうか、核軍縮・廃絶に向かうか、大きな岐路にある。
 一昨年春、広島で安倍首相はオバマ前大統領と並び、核なき世界をめざすと語った。米政権が変われば誓いも変わるというのでは、あまりに浅薄だ。
 日本政府は毎年、国連に核兵器廃絶決議案を出し、核保有国と非核保有国の「橋渡し」役を任じてきた。いま一度、日本の責務を見つめ直す時だ。
 同盟国だからこそトランプ政権の核軍拡に歯止めをかけ、冷静に北朝鮮問題の打開を探る。被爆者団体と協調し、核廃絶をめざす外交の発信力を高める。その努力が求められている。"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

 マスゴミがこの手の愚説を振り回すのは、彼等自身が馬鹿で、それを信じていると言うのも大きな理由でしょうが、しかしもう一つ、綺麗事さへ言っておけば自分達への非難はかわせるからでしょうね。

 子供など無力な人間の場合、同じ失敗でも、意図が善意なら叱られないで済みますから。

 だからひたすら綺麗ごとに徹するのでしょうね。

 綺麗事言いながら、その実非常に汚い保身をやっているわけですが。
  1. 2018-02-09 11:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

綺麗事とか、何かしらの安全地帯から他人を攻撃するのは彼らの習性ですよね。有識者の後ろに隠れたり、女子供の後ろに隠れたり、国際社会(笑)の後ろに隠れたり。

隠れるだけならかわいいもんですが、彼らは他人を攻撃するために身を隠すのがいやらしいですねぇ。
  1. 2018-02-09 19:28
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

心無いことをあえて言うと、この手の問題では被爆者団体や被爆者の意見って日本に対して足枷にしかならないんですよね。
目先の抑止力を狙えばいざという時に米国がそれを使って暴走するリスクはあるし、反核の意見も必要ではありますが だからと言って今の被爆者団体の感情に身を任せた判断は賢いとは言い難い。
戦後左翼達も、核が一発日本に落ちるだけで原発事故とは比べ物にならないほどの被害が出ると言うのに「反核」というだけでここまでアレルギー症状が出るものでしょうか。
世界中の平和主義者も考え不足ってもんですよ。 こういう他国の現状を分かってもいない人間が無責任に廃絶を叫ぶ所で、既に「グローバル化」とやらの副作用は出始めているように思えます。

「平和」という言葉は ここまで人間を翻弄するものなんでしょうか……
  1. 2018-02-12 05:52
  2. URL
  3. 616 #-
  4. 編集

To 616さん

こんばんは。

被爆者団体らが日本の足枷になっているというのは、確かにそういう面はあるでしょうし、その様に感じている人は大勢いるのでしょうね。声に出さないだけで。出したらポリコレ棒でぶん殴られますからね。

で、平和主義を自称する人って基本的に自己中心的な人々です。
普通の人は誰もが平和主義者だと思いますが、普通の人は「私は平和主義者です」とは言わないですよね。
言うまでもないことですから。普通の人ですから。

わざわざ「私は平和主義者です!」と名乗る時点で、他人のことを考えない自己中だと分かるってもんです。
で、当然ですが、自己中は他人を愚弄しますからね。
  1. 2018-02-13 19:34
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する