2018-02-09 19:57

琉球新報に敬意を表する


タイトル詐欺ではありません。

産経新聞が、沖縄県内の交通事故で死亡した米兵ドライバーについて、「日本人を救助するため車を出てはねられた」と報じ、同時に、米兵の美談を無視する沖縄2紙を批判したことについて、「救助」の事実が無く誤報だったことを認め、検証記事を掲載して沖縄2紙に謝罪した。

誤報となった経緯は、米兵ドライバーの家族、米メディア、米軍が「救助した」と言っていたからで、産経新聞には同情の余地がある。しかし、ここで沖縄県警にも取材をしていれば、誤報を出さずに済んだ可能性が高く、取材不足の批判は免れないだろう。

何より、結果論ではあろうと、産経新聞の沖縄タイムス・琉球新報に対する批判は、事実に基づかない誹謗中傷になってしまった。謝るべきだ。よって産経新聞が不祥事から逃げず、しっかりした検証記事を掲載し、謝罪を明記したことは高く評価したい。

さて、産経新聞が立派な検証・謝罪記事を出してきたことで、今度は情報の受け手の人間性が問われることになった。誠意を認めて許すか、誤報の事実を嗤い続けるか、さらなる謝罪と賠償を求めるニダと追及するか、人としての度量が問われてくる。

個人的には「許す」の1択だと思う。というか、これで許さない人間は軽蔑すべきモンスターの類いではなかろうか。しかし、残念ながらというか、予想通りというか、ヤフコメを覗いてみるとパヨク連中が勝ち誇り、パヨクでなさそうな人でも産経批判が目立った。

「まあそうだよなぁ」とは思ったが、やはり暗い気持ちになる。ところが、この憂鬱を琉球新報が吹き飛ばしてくれた。産経記事の翌9日、琉球新報の編集局長が「8日付産経新聞『おわびと削除』に対するコメント」を発表し、そこにはこう書かれていたのだ。

「産経新聞がきちんと事実を検証し、取材の不十分さを認めて、率直にわびた姿勢には敬意を表します」

おお・・・。

「敬意を表します」ときたか!。琉球新報は、「謝罪は受け入れる」とかもっとドライにあしらったり、「これに懲りたら次からはしっかり取材しろよ」等と説教することもできた。その資格はあった。しかし、「敬意を表します」とはね、シビれさせてくれるじゃないの。

琉球新報のコメントは、「許す1択」と考えていたno-risuよりも大きな度量を見せている。まいったな、まさか、琉球新報に敬意を表したくなる日が来るなんてね。



琉球:「率直にわびた姿勢に敬意」 産経謝罪記事を受け、普久原編集局長  「事実の報道に徹する」
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-661446.html
 産経新聞が昨年12月12日付で報じた「米海兵隊曹長の日本人救出」の記事で、記述していた内容に事実誤認があったことを認め、8日付紙面で謝罪と検証の記事を掲載したことを受け、琉球新報の普久原均編集局長は8日、「きちんと事実を検証し、取材の不十分さを認めて、率直にわびた姿勢には敬意を表します」などとするコメントを発表した。
 普久原編集局長は「米海兵隊曹長が日本人運転手を救助した後、事故に遭ったという事実があれば報道し、救助した事実がなければ産経新聞の報道の誤りをただすという方針で取材しました」と説明した。その上で「琉球新報は今後とも『事実の報道に徹する』という基本姿勢を堅持します」と決意を示した。(以下、普久原編集局長のコメント全文)
" ◇     ◇
 8日付産経新聞「おわびと削除」に対するコメント
 琉球新報編集局長
       普久原 均
 「米海兵隊曹長の日本人救出」に関する今回の報道で、8日付産経新聞がきちんと事実を検証し、取材の不十分さを認めて、率直にわびた姿勢には敬意を表します。
 今回の件に関して、琉球新報社は「事実の報道に徹する」という基本姿勢に基づき慎重に取材を進めてきました。
 産経新聞が報じたように、米海兵隊曹長が日本人運転手を救助した後、事故に遭ったという事実があれば報道し、救助した事実がなければ産経新聞の報道の誤りをただすという方針で取材しました。関係機関を取材した結果、曹長による救助行為を米軍が否定し、沖縄県警も確認していないことが判明したため、1月30日付本紙の報道に至りました。
 琉球新報は今後とも「事実の報道に徹する」という基本姿勢を堅持します。"









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

no-risu様

私は産経新聞、琉球新報のやりとりには感動すら覚えました。
産経新聞の非の認め方も良かったのですが、謝罪を受け入れる琉球新報の寛容さは、言論機関として模範とするべき素晴らしい態度だと思います。
報道機関が事実を巡って議論し、結果が出たら潔く受け入れる。過ちがあれば訂正するとともに謝罪して、これを受け入れる。
私が求めている理想的な言論空間を体現してくれたものと思います。両紙の今後に期待したいと思います。
  1. 2018-02-15 20:34
  2. URL
  3. 大盛 #-
  4. 編集

To 大盛さん

こんばんは。

それにくらべて朝日新聞ときたら(笑)。

間違えた時は謝るべき、それは人として当然なのですが、損得勘定でも誤った方がずっと得なんですよね。
ちゃんと謝らないから、人々の信用を無くしてしまうし、いつまでたっても安倍総理に批判されてしまう。

なお、琉球新報には期待しない方が良いと思います(笑)。
  1. 2018-02-15 20:51
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する