FC2ブログ

2018-02-21 20:09

韓国系団体の激励は、反基地活動に本土活動家が多数流入している証


辺野古移設にしろ高江にしろ、反基地派の活動現場にはよく海外から応援がやってくる。中でも、韓国系の団体は回数が多く親密度も高い。2月19にも、韓国から「平和の風」なる自称平和団体が訪れ、「連帯して平和のために闘おう」と呼び掛けた。

彼らはいつも似た様なことを言う。連帯しよう、連携しよう、共闘しよう、一緒に頑張りましょう。そんな彼らを、沖縄の反基地市民は歓迎し、沖縄メディアは喜んで記事にする。だが、ここで疑問が湧く。「共闘」は具体的に何を意味しているのか?。

共闘や連携は双方向性だ。一方的な支援ではない。韓国系の団体は、自分にとって何かしらのメリットがあるから、わざわざ沖縄の反基地活動に首を突っ込んでいる。メリットとは何か。分かりきったことだ、在日同胞のための活動に決まっている。

在日同胞のための活動とは、具体的に言えば外国人参政権獲得運動とか、反ヘイトと称するカウンターデモへの参加などだろう。辛淑玉やのりこえねっとが、辺野古移設問題でやたら熱心に関与してくるのも、それと関係しているからに違いない。

さて、ここから推察をさらに進める。

辺野古で行われている反基地活動において、平時の参加者はおおむね30人だ。ただのルーチンなら30人くらい、米兵が事件を起こしたり米軍機が部品を落下させたりすれば50人以上になったりする。まあ、いずれにしろ小規模と言える。

韓国系団体の立場になって考えてみよう。フルタイムの参加者は30人が基本の集会で、その中に何人くらいの「協力者」がいれば、激励に駆けつけたい気持ちになれるか。まさか、「たまに数人が参加しているくらい」ってことは無かろう。

常識的に判断して、ある程度まとまった人数が、継続的に参加していなければ、わざわざ沖縄のかた田舎まで団体訪問するはずが無い。韓国系団体が激励する理由、つまりはそういうことだ。

沖縄メディアらは、「参加者のほとんどは手弁当で集まったウチナンチューのオジイオバア」「本土の活動家が多数流入しているなんてネトウヨのデマ」等と主張している。しかし、その説明こそ虚偽でありデマなのではないか。

ネット動画で反基地活動の様子を確認すると、明らかに沖縄県民と違う人間が大勢いる。関西弁が飛び交ったり、プラカードに韓国語が書かれていたりする。そして、沖縄メディアは「何故か」それらの映像を流さない。隠したいからに決まっている。

反基地活動には多くの県外活動家が流入している。沖縄メディアはそれを「デマ」とだ切って捨てるが、実際にはデマでは無く事実で、その不都合な事実を隠したいのだろう。韓国系団体の激励は、本推察の正しさを裏付ける証だ。違うか?。

まあ、そう難しく考えるまでも無いか。本当に県内の一般的な年金オジイオバアの集団なら、わざわざ韓国系市民団体が激励訪問するわけないのだから(笑)。

余談。

2月20日、威力業務妨害罪などで裁判中の山城博治(沖縄平和運動センター議長)について、支援団体が無罪を求める署名を那覇地裁に提出したそうだ。国内外から6万4千筆が集まったらしい。

その署名の中には、no-risuの名前もある(マジです)から、土人共はちゃんと感謝しろよな(笑)。




沖縄:「連帯して闘おう」 韓国の平和団体、辺野古のゲート前訪れ激励
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/212214
 名護市辺野古の新基地建設で20日午前9時、砕石を積んだダンプカーやコンクリートミキサー車など計99台が米軍キャンプ・シュワブのゲートから資機材を搬入した。ゲート前では市民約80人が座り込みで抗議したが、機動隊に排除された。一方、シュワブ沿岸の「K2」護岸では石材をクレーンで海に投入する作業が進められ、市民がカヌーや船上から「海を壊すな」など抗議の声を上げた。
 ゲート前には韓国の平和団体「平和の風」の沖縄訪問団として、中高生を含む9人が訪れ、市民を激励した。イム・ジェウン団長は「連帯して平和のために闘おう」と呼び掛けた。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する