FC2ブログ

2018-04-11 20:30

今日も偏向報道てんこ盛り、成長しなさすぎるマスゴミ


これほどまでに無知と悪意と偏向と捏造で満ちた「社説」を読むと、一瞬、思考が停止してしまう。4月11日の東京新聞、「内閣府が助言『加計ありき』より濃く」だ。モリカケ報道はどれも酷いが、本社説もとびきり酷い。東京新聞の知性無き痴性が知れる(嘲)。

報道の劣化は底無し状態、いったいどこまで劣化し続けるのか背筋が寒くなる。今回は、その東京新聞社説を晒し上げたい。


東京:内閣府が助言 「加計ありき」より濃く
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018041102000149.html
 加計学園の獣医学部新設をめぐり、内閣府幹部が自ら学園側に「国家戦略特区の手法を使いたい」と提案していたのは「加計ありき」を如実に物語るものだ。「優遇」疑惑は一段と深まった。

「如実に物語る」も何も、加計ありきは分かりきった事実だ。誰も隠しちゃいない。加計ありきで何も問題は無いからだ。東京新聞らパヨクが卑劣なのは、問題点を具体的に指摘せず、疑惑をでっち上げて批判し追及することにある。

 このような出来レースまがいの行為が行われていたのでは「行政手続きがゆがめられた」(前川喜平・前文部科学省事務次官)との批判に、反論などできるはずはあるまい。

反論できるに決まっている。「出来レースまがいの行為」は東京新聞の捏造だが、「行政を歪めていた」のは前川ら文科省だったことは客観的事実だからだ。

 今回、焦点が当たった国家戦略特区は、国主導、トップダウンでテーマや地域が決まるため、これまでも恣意(しい)性や不透明さが指摘されていたものだ。
 小泉政権が導入した構造改革特区や菅政権の総合特区が、自治体側の規制緩和要望を受けて検討するのとは対照的である。"

加計学園は、地元と加計学園の熱意で事業化された計画であり、国がトップダウンで命じた計画などではない。これも東京新聞の捏造だ。

 愛媛県と今治市は二〇〇七年から一四年まで計十五回、構造改革特区で獣医学部開設を申請したが、毎回却下されていた。
 それが国家戦略特区になった途端、認められた格好である。その裏で、実は国家戦略特区を所管する内閣府の幹部が具体的なアドバイスを含めて戦略特区申請を提案していたというのである。"

15回も却下されていた事実について、なぜ疑問に思わないのか。前川ら文科省が行政を歪めていた事実から目をそらしたいのか。そして、行政を歪めていた文科省の規制を破るためにの国家戦略特区であり、制度を使えば前進するのは当然だ。

 政府関係者によれば、一五年四月に学校法人「加計学園」や愛媛県、今治市の担当者が内閣府で特区事業を担当する藤原豊・内閣府地方創生推進室次長(当時)と面談。藤原氏は「要請の内容は総理官邸からと聞いている」と発言したとされる。

面談内容など全くどうでもいい。事業に不適切な何かは見当たらないからだ。東京新聞らは、何よりもまずは不正の証拠を示してから批判すべきである。示せないなら黙ってろカス共め。

 続いて一行は柳瀬唯夫・首相秘書官(当時)とも面会し、その際の記録文書の存在も明るみに出た。それには安倍晋三首相の秘書官が「本件は、首相案件」と語ったとの記載がある。昨年五月に文科省から流出した文書の「(早期開学は)総理のご意向」との内容と符合するものである。

国家戦略特区は総理肝入りだから、その様な発言が出てきても不思議ではない。それが悪いことでもない。重要なことは、その発言が不正の事実にどう関与しているかだ。今のところ無関係であり、関係あるかのような主張は悪質な偏向報道に他ならない。

 柳瀬氏は新設に反対する日本獣医師会への対策や国家戦略特区でのカリキュラムの工夫といったことも指南した。これでは受験生にあらかじめ解答を教えるようなもので、出来レースもいいとこだ。

獣医師会ら既得権益を貪る連中を守る規制を破壊するための国家戦略特区であり、その作戦を指南することは当然で、むしろ必要な行政サービスだろう。何も教えない方が問題だ。

 新たにこれだけ疑惑の材料が加わった。それでも首相は「(獣医学部新設に)私が関与したと言った人は一人もいない」との言い逃れを続けるのか。四十年来の友人である加計孝太郎・理事長を優遇する意向は本当になかったといえるのか。

言い逃れ?。不正な手続きを示す証拠は無く、総理の関与を示す証拠も理由もないくせに、安倍総理の罪が確定しているかのごとき主張には反吐が出る。「無かったといえるのか!」とドヤ顔する前に、「あった証拠」を示せ。

 疑惑の解明には加計氏らの国会での証人喚問しかない。それを実現するのは首相をおいていない。逃げていては終わらないのだ。

問題が終わらないのは、お前らが現実や法治主義や民主主義から逃げているからだ。結論ありきで、無理を通して道理を叩き潰し続けているから、いつまでたっても終わらないのだ。もっと簡単に言えば、お前らが現実逃避しているから終わらないのである。


以上、酷すぎる社説だ。恐るべきことに、この社説には一か所も誠実な部分が無い。最初から最後まで、無知と悪意と偏向と捏造で構成されている。そして、これが「あんな人たち」という人種の人間性だ。no-risuは心から軽蔑したい。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

こんにちは。
民間会社においても担当者が直接話を聞かなくても会議の席や上司から社長の意向や常務の意向、社の意向とか普通に聞いてメモするだろうに、鬼の首を取ったようにはしゃぐ姿はあきれ返ります。
仮に総理が加計ありき動いたとしても倫理的な問題で犯罪ではありません、良いかどうかは別にして陳情で鉄道や道路等、地元への優遇は当たり前のようにあります。
献金をもらって獣医師会への便宜を図ることは問題ないが首相が陳情を受けたり知り合いに便宜を図るのは犯罪であるかのように扱うのはサヨクやマスコミの嫌う差別ではないのでしょうか。
  1. 2018-04-12 08:02
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

 根源的な疑問ですが、ホントに総理の意志で決まったとしても、愛媛県と今治市が15年以上も切望して運動を続けた大学設置が、首相の後押しで決まったなら、良いことではありませんか?

 しかも今治市の期待に応えて獣医学部を開設しようという唯一の大学の理事長が首相の親友なら、麗しい友情ではありませんか?

 そしてめでたく開学すれば、入学希望者が殺到して優秀な学生を得られるようになったのです。

 これって今治市と四国の酪農や、動物達にとって朗報ではありませんか?

 そしてこれを推進したのが安倍総理と加計理事長の友情なら、美談ではありませんか?

 何がいけないのでしょうか?

  1. 2018-04-12 11:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 実はウチで昔飼っていた猫が、厄介な腎臓病に罹ったことがあって、北大の獣医学部附属病院に厄介になったのです。

 一般の開業医の獣医さんで手に負えない病気になると、北大の獣医学部附属病院型よりなのです。

 ワタシも近所の開業医では手に負えない難病ヲ抱えているから、札幌医大の附属病院に厄介なっている身ですから、同じです。

 だから今治市に獣医学部ができ、附属病院ができた事で、四国の猫たちがどんなに喜んでいるか?

 ウチの猫はこれを妨害するマスコミと野党を絶対に許せないと言っているのです。
  1. 2018-04-12 11:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

今回の備忘録の件で、どうしても腑に落ちないのが、どうして議事録がないのかということです。
議事録なんて、定例的なものでなければ、県庁本局と出先事務所の打ち合わせでも作ります。時間と場所、出席者の名前とそれぞれの発言内容をまとめ、出先なら所長まで回します。
今回、愛媛県の職員が内閣の秘書官と会い、県にとって重要な獣医学部新設について話をするのですから、議事録を作るのは当然だと思います。最低でも、東京に出張しているのですから、復命書は必ず作っていると思うのですが、それらがなく、備忘録しか作っていないということがありうるのでしょうか?

柳瀬元秘書官は会ったかどうかに関する発言は曖昧ですが、それ以外については明確に否定しています。今時、どこで誰が録音しているか分からない(今回も、議事録や備忘録を作るために県職員らがこっそり録音していても全く不思議ではない)のに、ここまで明確に否定されている以上、潔白ではないかと思うのですが・・・。
  1. 2018-04-12 18:52
  2. URL
  3. kachikachi5120 #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

はしゃいでますねぇ。
先日の国会質疑を見ていて、本気で「小学校の学級会かよ!」って思いました。

>良いかどうかは別にして陳情で鉄道や道路等、地元への優遇は当たり前のようにあります

「良いかどうか」ではなく、良いと言ってしまって問題ないかと。そこに不正が無ければ。
だって、人々の願いを形にするのが政治家の仕事ですから。

重ねて言いますが、不適切な優遇はダメですけどね。

>献金をもらって獣医師会への便宜を図ることは問題ないが首相が陳情を受けたり知り合いに便宜を図るのは犯罪であるかのように扱うのはサヨクやマスコミの嫌う差別ではないのでしょうか

間違いありません。レイシストによるヘイトクライムですよ。
ちなみに、現状では我々も被差別者になっています。
  1. 2018-04-12 20:54
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

無論、良いことですし、朗報もあります。
当然、これを推進したのが安倍総理と加計理事長の友情なら、それは美談ですし功績ですよ。

>何がいけないのでしょうか?

パヨクのお気に召さない、その一点ですね。
理屈も法律も関係なく、パヨクのご機嫌を損ねる人間は叩かれる、それが権力者なら猛烈に叩かれる。
それが日本の残念な現実なのだと実感しています。
  1. 2018-04-12 20:58
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

医療過疎って最近よく聞きますよね。
田舎暮らしだと病院が無くて困る、田舎から病院が撤退しそうで不安だ、そいう事例は枚挙にいとまがありません。

この問題って、実は人間だけでなく、ペットと飼い主にとっても存在するんですよね。
当たり前のことのはずですけど、よもぎねこさんのコメントを読んでハッとしましたよ。

こういう目線こそ、本当の意味での「国民目線」なのでしょうねぇ。
  1. 2018-04-12 21:06
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To kachikachi5120さん

こんばんは。

議事録がなく備忘録だけあったことについて、私はそこまで深く考えていません。
「その程度のレベルの自治体・担当職員だった」というだけのことかと。

備忘録しか作っていないということ、普通にあり得るだろうと思いますよ。
むしろ、一々議事録を作成する自治体の方が少数派じゃないでしょうか。

柳瀬ですけど、単純に「会ったこと忘れているだけじゃないのかね?」というのが私の推察です。
何年も前の数ある面会の一つについて、発言内容とか一々覚えてられたら逆にすごいですよ(笑)。

むろん、柳瀬は潔白です。問うべき罪がありませんからね。
  1. 2018-04-12 21:14
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

よもぎねこさんのコメントを読んで思ったんですけど・・・

本来なら美談や功績になるはずの話が、犯罪であるかのように罵られるのって、慰安婦問題と同じ構図ですね。あれも、売春が合法だった時代に、軍が売春婦の性病検査などを行なっていたことが「軍の関与」として非難されましたから。

非難している人達が同じメンタリティなんでしょうね。というか、同じ人達ですねw
  1. 2018-04-15 23:03
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

東京新聞の真意を正面から糾そう。

no-risuさん
東京新聞の主張の真意をただし続けましょう。

東京新聞の主張は、

「愛媛県と今治市は二〇〇七年から一四年まで計十五回、構造改革特区で獣医学部開設を申請したが、毎回却下されていた。」

つまり、これが正しい施策で、何時までも却下され続けよ!
愛媛県に獣医科大学が出来たのは間違いだ!

ということですね。
だったらもっとストレートにかけかけ。
そして、正面から民意を問え!と。
  1. 2018-04-16 08:03
  2. URL
  3. かわた #qFCkdryo
  4. 編集

To かんぱちさん

こんばんは。

過去の価値観を現在の価値観で裁くのか、自分の価値観で裁くのかの違いくらいで、ほとんど同じですね。
自分至上主義者は醜いですね、ホント、野蛮な連中ですよ。
  1. 2018-04-16 22:18
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To かわたさん

こんばんは。

ただし続けたい意思はあります。

ですが、4月から仕事がクソ忙しいです。
ニュースをチェックする時間がありません。
覚悟してましたけど、予想以上で、しかも今後さらに激しくなります。

激務に体が慣れるまで、しばしの更新滞りはご容赦を。
そう時間はかからないと思いますので。
  1. 2018-04-16 22:23
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する