2018-05-09 20:46

デモ・ハラスメント


麻生大臣が「セクハラ罪という罪はない」と発言し、パヨク連中が「麻生がセクハラを容認・擁護した!」と大喜びで発狂している。つくづく知性の乏しい連中だ。セクハラ罪が存在しないことは事実であり、事実を述べただけで容認も擁護もしていないのに。

だいたい、財務省は福田を減給処分にして、辞職願いもあっさり受理したのに、擁護もへったくれもなかろう。法律を無視して自分の感情を優先し、麻生大臣を私刑にかけるべくデモを起こすとか、お前らどんだけ野蛮人なのか。韓国かよ(嘲)。

さて、狂喜したパヨ市民らが起こした抗議デモについて、これえまた狂喜した東京新聞らが各地の様子を報じていた。東京新聞は、東京・京都・札幌会場に参加したパヨ市民の声を書いていたので、連中の愚劣な言い分を晒し上げたい。

■東京(財務省前)
「テレビ朝日の女性記者だけでなく、セクハラ被害に遭った大勢の女性に共感して参加した。男性も性体験がないことをからかわれたり、職場でパワハラを受けたりする人もいる。身の回りの全てのハラスメントに『もうやめよう』と呼び掛けたい」(小島慶子・タレント)

■京都
「私たちとの感覚の違いにがくぜんとした」(市内に住む自営業の女性・58歳)

■札幌
「麻生氏の発言は加害者を守る態度で許されない。すぐに辞任すべきだ」(近藤恵子・女性と人権全国ネットワーク共同代表)
「セクハラ被害に苦しむ女性を力で抑圧するような発言。このままでは、女性が生きづらい社会になってしまう」
(佐々木かおり・47歳・団体職員)

東京新聞が厳選しただけあって、いずれ劣らぬクソリベっぷりだ。しかし、中でも注目すべきは小島慶子が述べた「身の回りの全てのハラスメントに『もうやめよう』と呼び掛けたい」ではないか。小島、君は厚顔無恥な発言を垂れ流す前に鏡を見るべき。

はっきり言って、君ら「あんな人たち」の反政権デモは完全にハラスメントだ。君らはバカなので知らないだろうけど、「ハラスメント」とは「嫌がらせや相手を不快にさせる言動」を意味する。 小島に近藤に自営業の女性共よ、君らが参加したデモはまさにそれだろう?。

耳を澄ましてみよ、デモ参加者がどんな汚い言葉で罵っているか。周りを見回してみよ、参加者の持つプラカードや垂れ幕等に何と書かれているか、どんな絵や写真が用いられているか。誹謗中傷罵詈雑言だらけではないか。

「嫌がらせや相手を不快にさせる言動」そのもので、つまりデモによるハラスメントだ。君らは、「身の回りの全てのハラスメントに『もうやめよう』と呼び掛けたい」と、ハラスメントを用いて訴えているわけで、これが失笑嘲笑せずにいられようか。

客観的になれ。ハラスメントを行う人間は、おうおうにして自分が行っているハラスメントを自覚していない。セクハラを批判しているからといって、自分がその例外だと思い込まないことだ。でも良かったな君たち、ハラスメント罪が存在しなくて(嘲)。




東京:セクハラ容認許さない 麻生氏「罪ない」に全国で抗議
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201805/CK2018050802000140.html
" 福田淳一前財務次官のセクハラ問題巡り、「セクハラ罪という罪はない」などと発言した麻生太郎財務相の辞任を求める抗議行動が七日夜、東京・霞が関の財務省前や札幌市など全国五カ所で行われた。集まった人々は「発言は悲しかった」「セクハラが許されない社会に変えたい」などと訴えた。
■財務省前
 財務省前では、冷たい風雨の中、プラカードを手にした数十人が集まった。女性差別問題に詳しい研究者や弁護士、ジャーナリストらが呼び掛けた。「財務省によるセクハラ認定を、省のトップが否定した。大臣として不適格だ」「反省して辞任を」などと沿道から声を上げた。
 エッセイストでタレントの小島慶子さんはマイクを握り、「テレビ朝日の女性記者だけでなく、セクハラ被害に遭った大勢の女性に共感して参加した。男性も性体験がないことをからかわれたり、職場でパワハラを受けたりする人もいる。身の回りの全てのハラスメントに『もうやめよう』と呼び掛けたい」と語った。 (出田阿生、宮尾幹成)
■京都
 京都市中心部の交差点では、約八十人が集まり抗議の声を上げた。市内に住む自営業の女性(58)は「私たちとの感覚の違いにがくぜんとした」と怒りをあらわにした。
■札幌
 札幌市のJR札幌駅前では約二十人が抗議行動に参加し、麻生氏の辞任などを求めた。欧米での性被害を告発する運動にならい、「#MeToo(私も)」と書かれたカードを掲げ、麻生氏の発言に抗議した。
 参加した市民団体「女性と人権全国ネットワーク」の近藤恵子共同代表(71)=札幌市中央区=は「麻生氏の発言は加害者を守る態度で許されない。すぐに辞任すべきだ」と強調。同区の団体職員佐々木かおりさん(47)は「セクハラ被害に苦しむ女性を力で抑圧するような発言。このままでは、女性が生きづらい社会になってしまう」と批判した。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民
ジャンル:政治・経済

  1. プロ市民
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

小島慶子って、元TBSアナウンサーですよね。私には、女子アナって「容姿などで『女』を武器にしている職業」というイメージがあるんですが、小島氏は、自分がそういう職業を選んだことや、業界のあり方については、どう思っているんでしょうか?

ちなみに、小島慶子がマツコ・デラックスと一緒にやっていたラジオ番組では、マツコが「女子アナなんてホステスまがいの職業」という不快な問題発言をしたことがあるんですが、この時の小島氏は、マツコに何の文句も言ってません。(この件について、本人のツイッターにも質問したんですが、返事はもらえませんでした。)

マツコ デラックス 暴言?『女子アナはホステスまがい』 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=du6R6VSLElc
  1. 2018-05-09 21:42
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

こんにちは。
門田隆将氏によると日本は左右の対立ではなく夢想家と現実主義者の対立らしいです。
その観点に立てばパヨク=夢想家がいくら矛盾を抱えようが当人たちは矛盾とは思わない理由が説明できます、だって夢の中では自分が中心で自分の都合通り物事は進むしどんな不可能なことも出来るわけです。
そして現実が自分達の思う通り動かないのは安倍首相のせい、と他責にすればよいのですから。
ま、「どんな小さな命も大事にしましょう」と「世の中は弱肉強食」とを主張すれば後者が嫌われるわけで夢想家が支持を受けるのも現実です。
夢想家が絵空事を喚き散らせるのも現実主義者が矛盾だらけの世の中をバランスよく動かしているから出来るのですが、夢想家と現実主義者が逆転したらと思うとゾッとします。
  1. 2018-05-10 08:43
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To かんぱちさん

こんにちは。

女子アナは女を武器にする職業、これはその通りだろうと思います。起用を見れば一目瞭然ですよね。
このことは、テレビ局も本人もそれを自覚しているだろうし、本人もそれにプライドを持っているように見えます。

>不快な問題発言をしたことがあるんですが、この時の小島氏は、マツコに何の文句も言ってません

ハラスメントというのは、何を言ったかに加えて「誰が言ったか」の問題ですからねぇ。
同じ言動でも人によって受け取り方が異なる、そこがセクハラ罪制定の難しさでもあります。

力関係で不満を口にできない可能性もありますけど、まあ気にするほどのことではないかな、と思います。
  1. 2018-05-12 07:33
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんにちは。

>門田隆将氏によると日本は左右の対立ではなく夢想家と現実主義者の対立らしい

そう思います。
日本の保守や左翼やリベラルは本来のそれとは異なりますからね、現実主義と理想主義と分類するのが分かりやすいかなと。
理想主義が悪いわけではないのですが、どういうわけか日本の理想主義者は非論理的で自己中心的な人が多い。
論理的な理想主義者・ロマンチストなら何の問題もないのですけどねぇ。

>夢想家と現実主義者が逆転したらと思うとゾッとします

その実例が民主党政権でした。
確かにぞっとしますね(笑)。
  1. 2018-05-12 07:40
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する