FC2ブログ

2018-05-17 20:48

「握手で文民統制の重要性を伝える」だと?


エスパーかよ(嘲)。

小西洋之(自称無所属の立憲)は本当にダメな野郎だ。姑息で卑劣、息をするように嘘をつき、特技は誹謗中傷ときたもんだ。クイズ王とも嗤われているが、クイズよりクズが相応しい。そんな小西が、またも嘘バレバレの恥ずかしすぎる主張を開陳した。

自衛隊員が自ら「自衛官だ」と明かし、議員会館付近をランニング中の小山に暴言を吐いた事件。「国益を損なう」、「気持ち悪い」、「ばかなのか」等と発言したとされる。小西はバカだし国賊でもあるが、自衛隊員として口にしてはいけない言葉だった。

突然の暴言に対し、小西は意外にも大人の対応を見せた。

「謝罪してくれれば許そう」、「防衛省にも通報しないから」と諭した。冷静さを取り戻した自衛官が謝罪すると、小西は自ら手を差し伸べ自衛官と握手を交わした。そして言った。「日本のため共に働きましょうね」。きゃ~♪、小西さん超絶イケメン!。

・・・が、そこは真性クズの小西、全ては嘘だった。

小西は、自衛官に謝罪させ、握手を交わし油断させた後、直ちに防衛省に通報して猛抗議、ネットで公表し、参院外交防衛委員会で防衛省を糾弾し、事実関係の調査と自衛官の処分を要求するなど、政権批判の材料として大いに悪用した。

さらに、防衛省の調査結果と処分にも噛みついた。問題発言の内容が小西の記憶と異なっていたことから、「防衛省の組織的隠蔽だ!」「明白な証拠だってある!、オレの記憶とメモだ!」「訓告とかふざけんな、もっと厳しく懲戒しろ!」と猛烈に批判した。

防衛省は、5月9日に最終報告をとりまとめ、当該自衛官を訓告処分に処し、小西のメンツを立てるため当該自衛官に「小西議員ハリッパナギインデシタ、ワタシノカンチガイデシタ」と言わせた。しかし、それでも小西は納得せずグチグチ文句を言い続けた。

これには温厚な小野寺防衛大臣もたまりかね、小西に対して「謝罪すれば許すんじゃなかったの?」「握手もしたんでしょ?」と問いかけたのだった。で、これに対する小西の回答が噴飯物なのだ。明らかに嘘だからだ。それもすぐにバレる嘘。


Q:謝罪を受け容れて許したはずでは?

小西:「当日は確かに武士の情けで許したが、普通の自衛隊員だと思っていたからだ。後に幹部(3佐)と分かったから公表した」

Q:和解の握手もしたのでしょう?

小西:「和解の握手をしたのではない。シビリアンコントロールに反する行為を行ってはいけないという信念などを伝えるために握手した」

クズめ。

当該自衛隊員が3佐だと分かったのは、小西が直ちに約束を破って(謝罪すれば許すし防衛省にも通報しないと嘘をついて)防衛省にクレームを入れ身元確認させたからだ。つまり、最初から許す気など微塵も無かったということだ。

それに、「シビリアンコントロールに反する行為を行ってはいけないという信念などを伝える握手」ってなんじゃそりゃ?。伝わるわけねーだろカス。謝罪直後の握手なら、誰がどう考えても和解の握手だ。小西、お前はマジ頭おかしいで。

ほんとウザいクズ野郎だ。で、いつになったら国外移住するの?。さっさと出てけよ。



konitann.png



産経:小西洋之氏「3佐との握手は和解ではなく文民統制を伝えるため」 小野寺防衛相「謝れば不問に付すと話したが…」
https://www.sankei.com/politics/news/180515/plt1805150030-n1.html
" 参院会派「立憲民主党・民友会」の小西洋之参院議員は15日の参院外交防衛委員会で、統合幕僚監部の3等空佐から暴言を浴びた問題に関し「当日は(3佐と)和解の握手をしたのではない。シビリアンコントロール(文民統制)に反する行為を行ってはいけないという信念などを伝えるために握手した」と述べた。
 これに対し小野寺五典防衛相は「(小西氏は3佐に)現場でわびれば不問に付すと話したが、握手をしたのは実は和解ではなく、激励するためということか」と異例の「逆質問」まで行った。
 防衛省の調査によると、小西氏は暴言を浴びた4月16日、3佐に「謝罪してもらえるんだったら防衛省に通報したりしない」と述べ、3佐はその場で謝罪した。小西氏は自ら握手を求め「日本のために一緒にがんばりましょう」などと語った。ただ、小西氏は同17日の参院外防委で3佐から罵声を浴びたと明かした。
 小西氏は15日の参院外防委で「当日は確かに武士の情けで許したが、普通の自衛隊員だと思っていたからだ」と語り、3佐が統幕所属の幹部であったことなどから問題を明かしたと重ねて説明した。"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:立憲民主党
ジャンル:政治・経済

  1. 立憲民主党
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

こんにちは。
どこかで聞いたような流れですね。
・謝れば許すと和解したふりをする -> 言いたいこともあるがめんどくさいので一応謝る。
・当人にではなく関係者や周りに被害を受けたと吹聴する -> 自分流の屁理屈を一方的に既成事実かのように周りに拡散される。
・大人の対応で公の前で謝罪する。 -> これ以上騒がれたくない、悔しいが非を認めればこれで終わるだろうと謝罪する。
・相手が非を認めたことで道義的優位になった様に勘違いしさらに居丈高になる。
・以下エンドレス、1000年続く。
もし小西氏が外来種でなければDNAとかではなく精神構造ですかね。
和を尊び、話せばわかる、ぐっとこらえて相手の顔を立てる、相手も阿吽の呼吸で水に流す、といった大人の対応と言われる日本の伝統はグローバル社会でなく現代日本でも通用しなくなりました。
  1. 2018-05-18 09:01
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

仰る通り、特亜のメンタリティーそのものです。
中国などでは「謝罪したものの負け」という考え方がありますけど、連中のメンタリティーを見ているとそれも納得ですね。

ただ、そう悲観することもないだろうと思いますよ。
パヨク野党の支持率は、全て合計しても15%以下です。それもさらに低下傾向です。
一方、自民党はずっと30%以上ですから。

まだ日本は大丈夫ですよ。
  1. 2018-05-19 21:02
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する