FC2ブログ

-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2018-11-22 20:33

反原発派の危険神話


反原発派の皆様は、再稼働を容認する人々や社会について「安全神話」のレッテルで批判する。どれだけ科学的・論理的に安全性を説明しても、彼らはゼロ・リスクしか認めないから納得せず、「安全なんてありえない、神話だろ!」と反発するわけだ。

安全と安心の垣根が無いがゆえに生じる信仰で、彼らに理解を求めるのは改宗なみに困難だろう思う。「お化け役のキャストは絶対にお客様に触れてはならない」というルールを知っていても、富士急ハイランドの病棟がちびれるほど怖いのと同じだ。

どこまでも感情に素直な主張を聞いていると、あなたがたこそ「危険神話」にとらわれているのでは?と感じる。「テロで原発がキケン」、「破局噴火で原発がキケン」、「隕石で原発がキケン」、「とにかく原発だけがキケン」というストーリー。それこそ神話の類いだろう。

11月20日、東京新聞が反原発社説「伊方原発容認 安全神話の復活なのか」を掲載した。四国電力伊方原発の運転差し止め仮処分を求める訴訟について、高松高裁が反原発市民側の訴えを棄却したことを批判する社説だ。

反原発派は、「伊方原発は破局噴火により過酷事故を起こす危険がある」と主張していた。約9万年前、阿蘇で起きた破局噴火の火砕流は山口県に到達したとされる。伊方原発にも到達すると予想され、そうなれば原発事故は避けられない、と。

今回の東京新聞社説も、当然のことながら破局噴火について触れていた。で、それを読んで失笑してしまった。安全神話を批判する東京新聞こそ、明らかに危険神話に陥っているからだ。社説には、次のとおり書かれていた。


 破局的噴火は予知できない、地震の揺れの評価方法に問題がある-という専門家の指摘も顧みず、九月の広島高裁、大分地裁、そして今回と、繰り返される判断だ。(中略)
 再三指摘してきたように、日本一細長い佐田岬半島の付け根に位置する伊方原発は、周辺住民にとって、“日本一避難しにくい原発”との声もある。
 実際に事故が起きたとき、原発の西側で暮らす約四千七百人の住民は、船で九州・大分側へ逃れる以外にないのである。


お前はバカなのか!?(出川風)。

阿蘇で破局噴火が発生し、伊方原発を火砕流が襲って過酷事故になると主張しておきながら、どうして九州・大分県に向かうのか。東京新聞よ、キミは火砕流がどっちから来ると思ってるの?。過酷事故が起きる前に、九州は壊滅してるっつーの!。

「とにかく原発だけがキケン」、「破局噴火による原発以外への影響?、そんなの関係ねー!」、これぞまさしく反原発派の「危険神話」だ。神話を批判する新神話。科学的根拠に欠き、感情論が土台となっている分、安全神話よりずっとたちが悪い。

反原発派は気がつくべきだ。危険神話に頼らねば原発批判ができない現実を。このことは、主張や活動に何かしらの問題や間違いが存在することを示している。安全神話の復活を危惧する前に、自分のオツムの思考回路を復活させてはいかがか。




東京:伊方原発容認 安全神話の復活なのか
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018111702000137.html
" 噴火も地震も取るに足らない、避難計画は不完全でもいいと言うのだろうか。四国電力伊方原発の運転差し止めを求める住民の訴えを司法はまたもや退けた。「安全神話」の亡霊を見る思いである。
 「原子力規制委員会の審査には合理性があり、四国電力が策定した最大の地震の揺れや噴火の影響についての評価も妥当」-。
 高松高裁は、四国電力が示したデータに基づいて、規制委がくだした新規制基準への「適合」判断を丸ごと受け入れたかのように、住民側の訴えを退けた。
 破局的噴火は予知できない、地震の揺れの評価方法に問題がある-という専門家の指摘も顧みず、九月の広島高裁、大分地裁、そして今回と、繰り返される判断だ。
 一方で高松高裁は、原発周辺の自治体が策定を義務づけられた避難計画に関しては、陸路も海路も輸送手段に懸念があって、屋内退避施設も不足しており、「不十分だ」と認めている。
 再三指摘してきたように、日本一細長い佐田岬半島の付け根に位置する伊方原発は、周辺住民にとって、“日本一避難しにくい原発”との声もある。
 実際に事故が起きたとき、原発の西側で暮らす約四千七百人の住民は、船で九州・大分側へ逃れる以外にないのである。
 海が荒れれば船は出せない。地震で港湾施設が被害を受けたらどうなるか。避難者を港へ運ぶバスなども、確保できる保証はない。その上、屋内退避場所さえ、足りていないというのである。
 現状では、多くの住民が避難も屋内退避もできず、放射線の危険にさらされる恐れが強い。そのような認識がありながら、司法はまたも住民の訴えを退けた。避難計画の軽視が過ぎる。
 規制委が基準に「適合」すると認めた以上、福島のような過酷事故は起こり得ない、との大前提に立つからだろう。
 これでは、安全神話の復活と言うしかないではないか。
 規制委は、原発のシステムが規制基準に「適合」すると認めただけで、安全の保証はしていない。規制委自身も認めていることだ。避難計画の評価もしない。それなのに規制委の審査結果を司法は追認するだけだ。こんなことでいいのだろうか。
 責任は棚上げにしたままで、原発の稼働が次々許される。
 「安全神話」が前提にある限り、福島の悲劇はいつかまた、繰り返される。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:原発再稼働
ジャンル:政治・経済

  1. 反原発
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

彼らは破局噴火リスクは容認できる(住民避難の必要は無い)のに何故それより小さい原発事故リスクを容認できないのか、理解しがたく思ってましたけど、
破局噴火の被害を抽象的に捉えても実感的・我が身のこととして把握できないんですね。
だからこんな瞬間に無責任な思考が露呈するんでしょう。
他にも安全保障・移民問題・かつてのグローバリズム礼賛とか、彼らはいつもそうです。
  1. 2018-11-22 20:47
  2. URL
  3. 忘れた #cptS1ulI
  4. 編集

東京新聞はアホですね!

no-risuさん 
no-risuここにあり! 相変わらず健在ですね!

ボヤッとしていて、気がつきませんでしたが、
 東京新聞は、ホンマにアホですね!

「破局的噴火」からの避難を論ずるのが先でしょうに!
歴史的アホ社説として、記録・記憶に残りそうです。

  1. 2018-11-23 10:15
  2. URL
  3. かわた #qFCkdryo
  4. 編集

To 忘れたさん

こんにちは。

>破局噴火の被害を抽象的に捉えても実感的・我が身のこととして把握できないんですね

どうしてなんでしょうね、そう難しいこととは思えないのに。
想像力が足りないのか、知能が足りないのか、別の地域から流れてきた活動家だから他人事なのか、目的でなく手段にすぎないからか、ただの自己中だからか。

人によって違うでしょうけど、本当の理由は聞いてみたいところです。
  1. 2018-11-23 12:47
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To かわたさん

こんにちは。

ボヤッとしていて気が付かないだけなら大丈夫ですよ、結局は気が付いたのですから何にも問題ないかと。
真剣に精読しても気が付かない読者こそ東京新聞のターゲットで、それは結構な人数がいそうですからね。

なお、私は健在ですが膨大な仕事も健在で、ほとんど新聞を読む余裕もありません。
なので、投稿ペースはもうしばらく低調になりそうです。
  1. 2018-11-23 12:54
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

>> お前はバカなのか!?(出川風)。

ちがうやろ!お前がバカかアホだ!
どこに、噴火した時に九州に向いて逃げると書いてある?

ちゃんと、

>> 一方で高松高裁は、原発周辺の自治体が策定を義務づけられた避難計画に関しては、

と書いて噴火とは切り離して、伊方原発の避難計画そのものに疑問を呈したのちに

>> 実際に事故が起きたとき…

と書いてるじゃないか。

「事故」をフンカとでも読んだんだろう(嘲笑) 哀れすぎて超笑えるけど、読み書きから勉強しなおせや。

  1. 2018-12-01 16:34
  2. URL
  3. ゆうアホン #hfhOqJ1U
  4. 編集

ゆうアホン に座布団100枚!

、>>  九月の広島高裁、大分地裁、そして今回と、繰り返される判断だ。
>>(中略)
 >>  再三指摘してきたように、日本一細長い佐田岬半島

都合よく(中略)してるの見え見え。

(中略)を全部引用したら

>> 九月の広島高裁、大分地裁、そして今回と、繰り返される判断だ。

以下が(中略)の部分

>> 一方で高松高裁は、原発周辺の自治体が策定を義務づけられた避難計画に
>> 関しては、陸路も海路も輸送手段に懸念があって、屋内退避施設も不足しており、
>>「不十分だ」と認めている。

以上が(中略)の部分

>> 再三指摘してきたように、日本一細長い佐田岬半島の付け根に位置する
>> 伊方原発は、周辺住民にとって、“日本一避難しにくい原発”との声もある。

>> 実際に事故が起きたとき、原発の西側で暮らす約四千七百人の住民は、船で
>> 九州・大分側へ逃れる以外にないのである。

一番肝心な部分を勝手に(中略)して、都合良く捻じ曲げるって将軍様のお国もビックリの低脳まるだしのプロパガンダ。   余りにも程度悪すぎ(爆笑!) 

おもえはアホまるだしやん!!(no-risu風!じゃなくてソノモノ)
  1. 2018-12-02 09:25
  2. URL
  3. がんばれ #e8dqewdg
  4. 編集

ゆうアホンさん へ

ゆうアホンさん
そんなにカッカしなくてもいいような…カッカするとまたアホなツッコミが入りますよ(^^)
思うんですけど、この人、意外と正直さんじゃないでしょうか?
見え見えの(中略)とかしてウソ情報を平気で流してるのに、
調べてみたら後半の東京新聞の社説は、正直に! 全文をコピペしてますよ。
なんともはや
ホント正直というか。
バカ正直というか。
ただのおバカさんというか。
もちろんわたしはただのバカかただのアホだと思いますけどね。
そんなことないよ正直さんだよ!って評価するおバカさんもいるとは思いますけど。
哀れだけど笑えます。
忙しいとか言ってこのまま放置するほど恥知らずじゃないでしょうから、
そのうちナイショで削除するんじゃないでしょうか。 (JN21910・・・)
  1. 2018-12-04 19:02
  2. URL
  3. さかな好き #Cv2s2L.A
  4. 編集

がんばれさん、さかな好きさん

コピペですけど、、、、、


どうしてなんでしょうね、そう難しいこととは思えないのに。

想像力が足りないのか、
知能が足りないのか、
別の地域から流れてきた活動家だから他人事なのか、
目的でなく手段にすぎないからか、
ただの自己中だからか。

ご本人に聞いてみたいですねぇ。

こんなにもピッタリのブーメランはじめてですけど哀れすぎて笑えます。

  1. 2018-12-06 09:13
  2. URL
  3. ゆうアホン #e8dqewdg
  4. 編集

ゆうアホンさん、さかな好きさん、
ブログ主様の見解への論理立てされた反論は良いと思いますが、
このところは個人攻撃・嘲笑を主体とした内輪同士の会話になっていて、
読者の利益になるものにはなっていません。
もし貴方方が正しい行いをしたいために批判コメントをされているのであれば、
目的から逸脱していますので、おやめください。
  1. 2018-12-06 14:12
  2. URL
  3. 忘れた #cptS1ulI
  4. 編集

忘れたさん

>> このところは個人攻撃・嘲笑を主体とした内輪
>> 同士の会話になっていて、
>> 読者の利益になるものにはなっていません。

これって、ブログ主とそのシンパに対する言葉ですよね。
原発自体の是非を論ずるのではなく、原発に反対する人たちやマスコミを攻撃・嘲笑を主体として論ずることも批判されるべきではありませんか?

ましてや、事実と異なる内容を書き込んで東京新聞を嘲笑しておいて、
それを放置するブログ主とそのシンパこそ批判されるべきです。

それともブログ主の東京新聞に対する書き込みは事実だとでもお考えなのでしょうか?
  1. 2018-12-06 14:46
  2. URL
  3. ゆうアホン #e8dqewdg
  4. 編集

To 忘れたさん

こんばんは。

私の管理怠慢で不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。
この手の陰湿低能には正論を言っても無駄なので、今後は私が責任もって「対処」いたします。

ただ、なにしろ多忙で時間が無いため雑な対処にならざるをえません。無いとは思いますが、ひょっとしたら他の方々にも不便が生じるかもしれませんので、ご容赦ください。

なお、アホの指摘はもちろん間違っています(笑)。結果を生じさせた原因は不可分であることや、社説が誰の視点で書かれているのかといった、そういう基本的な理解ができていないようで。

ちなみに、ゆうアホとサカナは十中八九同一人物ですよ。たぶん、がんばれも。
  1. 2018-12-06 18:07
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

ゼロリスクということがあり得ないからこそ慎重であるべきなんじゃないですか?
311は明確に人災です。事前に危険が指摘されていたのにもかかわらず対策を拒絶した安倍答弁、東電のずさんな運営、これは日本の工業的技術力の問題でもなければ安全技術の理論的な破綻でもない。
要するにどれだけテクニカルな部分で安全性が高まったとしても扱う側の倫理道徳に期待できないならばリスクは現実化するということこそ311の教訓だったでしょう。
いま、仮に適正な運営をする限りにおいてはゼロリスクの原発が存在するという仮定で思考実験した場合でさえ、その適正な運営が担保されないならリスクが現実化するということには異論はないと思います。
翻って実際、官邸が関与しているかどうかはともかく、少なくとも現政権下に多数のモラルハザードがあり、それ以上に疑惑が数多ある状況で、原発の適正な運営が果たして担保されると考えるに十分な根拠があるでしょうか?
そこを無視して原発の是非は論じられないと考えます。
  1. 2019-02-24 19:35
  2. URL
  3. ギギモ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。